「パークタワー新川崎」では、第2期で、隣あう住戸をセットにした二世帯住宅プランを販売しました。
 

隣あわせの住戸で二世帯同居ができるマンション

どんなプランかといえば、隣り合った2つの住戸を玄関付近に設けた「ツグドア」でつなぐというもので、「ツグイエ」と名付けられています。両側とも鍵を開けた場合のみ住戸のドアを開くことができ、トイレや浴室などの水回りの設備などは各戸に備わっています。

ツグイエ

   パークタワー新川崎の 「ツグイエ」プラン (画像クリックで拡大)


子育て世代と祖父母、両親と一人暮らしの子どもなどの利用を想定していて、2つの家族間の程よい距離感を保ちつつ、住戸間の行き来を容易にし、また将来の暮らしの変化への対応を可能にするものです。また、将来的には完全に分離して一方と賃貸や売却することも可能だそうです。

発売に至った背景として同社は、高齢社会の進展によって介護の不安が高まる一方、共働き世帯の増加によって待機児童の問題が生じており、それらの問題に対応するため近居や二世帯居住へのニーズが高まっているとし、「パークタワー新川崎」の1期購入者の中にも親子で同時に購入した人が複数見られたとしています。

マンションで2住戸をつないだプランの先駆けといえば……次のページ