バルコニーの方角で住み心地が決まる?

マンションのバルコニーがどちらの方角を向いているかは、少なからず住み心地に影響します。同じマンションで価格と広さも同じなら(実際にはあり得ませんが)、南向きの住戸がほしいとだれもが思うでしょう。販売する側もなるべく南向きが多くなるように建物を設計するわけですが、すべての住戸を南向きにできないケースも少なくありません。東向きならまだイメージがいいのですが、西向きや北向きとなると人気がイマイチになることも多々あるようです。でも、西向きや北向きは本当に住み心地が良くないのかというと、そうとも限りません。以下、方角ごとのメリット・デメリットを考えてみましょう。

日照時間が長く暖かい南向き

まず一番人気の南向きですが、言うまでもなく日照時間が長く暖かいことが好イメージの最大の理由です。欧米人に比べて日当たりを重視するといわれる日本人にとっては憧れの存在でしょう。でも、南向き住戸のメリットといえば日当たりぐらいです。昼間家に人がいないDINKSなどにとっては、同じ広さで価格が高くなる南向き住戸は「宝の持ち腐れ」になるかもしれません。それにいくら南向きでも目の前に高い建物が建っていれば日照は期待できないのです。

朝日が当たる東向きは良好なイメージ

南向きに次いでイメージが良いのは東向きです。なぜかというと、朝日が当たるからでしょう。帰りが遅い人でも、朝日が当たる時間には家で身支度をしていることが多いですし、なにより日の当たるバルコニーで洗濯物を干すのは気持ちがいいものです。でも、東向きだと午後は日が当たりません。特に日の昇る時間が遅い冬は部屋に日が差す時間も短く、午後は寒くなりがちです。逆に夏の午後は直射日光が避けられるので涼しいのですが。