広さの目安は30~55平米

ダイニング

ダイニングスペースに余裕があると、多目的にも使え部屋全体が広く感じます。

まずは、ふたり家族に向く広さの目安はどれくらいでしょうか。国が定める住生活基本計画における、最低の広さは30平米、望ましい広さは55平米(都心部)となっています。

最低と望ましいで大きく違うのはリビング・ダイニングと寝室のスペースです。30平米であればダイニングのスペースはとれてもリビングスペース確保は難しいでしょう。

一方、55平米あればリビング・ダイニングのスペースに小ぶりであればダイニングテーブルとソファセットが詰め込めます。また、寝室も30平米であれば6畳しかとれませんが、55平米であれば10畳の広さがとれます。
 

夫婦といえどもつかず離れずで暮らせる間取りを

こうして見ていくと、最低と望ましいでは、部屋数にも違いが生じます。30平米ならワンルームか1DK、55平米なら1LDK~2LDKがとれます。こうしてみると、居住性に相当な開きが出てしまうものですね。予算との兼ね合い、という厳しい現実はあるものの、ふたり家族には2LDKがお勧めです。

夫婦とはいえ、互いに独立した個人です。新婚ならいざしらず、いつも同じ部屋にべったりとくっついて暮らすのは、はっきり言って気づまりというもの。ゆるやかな個人主義で、つかず離れずの距離感を持っていたほうが、夫婦の仲は円満でいられるのではないでしょうか。

夫婦共働きであれば、自分の仕事を自宅に持ち込む場合もあるでしょう。そうしたときにちょっとした書斎があれば、気兼ねなく、また気が散ることなく、集中できます。

夫がリビングでアクション映画のDVDを見ていても、妻は読書をしたいときもあるでしょう。そうしたときに、落ち着いて静かに過ごせるスペースがあれば、精神的にもゆとりのある余暇の時間を持つことができます。

寝室以外に書斎や趣味の部屋として使えるもう一部屋があれば、ゆとりある住生活が可能です。


夫婦別室という生活スタイルも増えてきている……次のページ