立ったままできる!簡単骨盤エクササイズ

今回紹介する骨盤エクササイズは、立った姿勢のままでできるものです。ウォーキング前や途中での休憩タイミングに行うこともできますし、日々の生活の中で、気が付いた時に行うのもGOOD!手軽にできて効果があるエクササイズです。

このエクササイズを行って、左右の骨盤を調整し、歩幅や足さばきの左右差をなくせば、身体の無駄な負担を減らす事ができます。

■ステップ1 上下の運動
肩の高さを変えないように注意

肩の高さを変えないように注意

脚を腰幅に開き、膝と爪先が同一方向になるように意識して軽く曲げます。

呼吸を吸って吐きながら、骨盤を肋骨脇にゆっくりと引き上げていきます。この時、肩と胸は動かないように意識しましょう。

左右15回行います。

 

 

■ステップ2 横の運動
大きく円を描くように骨盤を意識して

大きく円を描くように骨盤を意識して

骨盤を廻します。簡単そうに見える動作ですが、大きく綺麗な円を描くのは意外と難しいもの。

脚を骨盤の幅に開いて踏みしめ、膝を緩め、骨盤を意識しながら大きく円を描くように廻します。

左右30回行います。

 

 

骨盤リセットでウォーキングを快適に!

その日のゆがみはすぐ解消しよう

その日のゆがみはすぐ解消しよう

人は生活習慣の中で、どうしても体のゆがみを発生してしまいます。 筋肉や骨格がゆがめば、その中の血管や内臓にも当然影響が及んでくる事も。

日々の簡単リセットエクササイズで、その日のゆがみはその日のうちに解消しましょう。ウォーキングとエクササイズとを習慣化することにより、代謝の良い身体づくりにつながります。

ゆがみの少ない身体で、さらにウォーキングパフォーマンスをあげましょう。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。