今までに無い、極上の癒しが味わえる“天空のスパ”

ジャグジー
ジェットバスは椅子に横たわるタイプの「ウォーターラウンジ」と、肩までの深さの「ヴァイタリティプール」の2種類。
ロッカーでバスローブに着替えたらまず直行するのがこちらの「ヒート&ウォーターエリア」。広々としたジェットバスやドライサウナ、ほのかな照明の中でクリスタルのパワーとアロマの香りに癒されるミストサウナ、火照った体をクラッシュアイスでクーリングすることで、より全身の血行を促進させるアイスファウンテンなど、心と体をリラックスさせるための様々なファシリティが用意されています。
特筆すべきはやはり窓から見える東京湾方面の夜景の素晴らしさ。体温と大差の無い水温のジェットバスに全身を浮かべ、ふと窓の外に目を向けると、まるで自分が夜空の中に浮いているような錯覚を感じてしまいます。

もうこの「ヒート&ウォーターエリア」での体験だけでも、夢中になってしまう理由充分ですが、さらにスイートルームの魅力でダメ押しされてしまいました!。



トランクィリティ スイート
バスローブ姿で窓辺にたたずむ……このロケーション、酔えます!
上の大きな画像がシグネチャー スイート。東京湾側の眺望が見渡せ、天気が良い夜にはTDLの花火が見えることもあるそう。ミストサウナとして利用できるプライベートシャワーや、エキゾチックムードたっぷりで足を伸ばして寝そべることができるほど広いソファスエリアも完備。2ベッドルームなので、友達と利用したらさらに楽しそうです。

そして左の画像がビル最上階にある唯一のトリートメントルーム、トランクィリティ スイート。同じく東京湾方面と上野方面の二つの夜景が楽しめます。



スパお薦めのカスタムメイドメニュー「タイムリチュアル」を体験!

フットリチュアル
細かい泡がたっぷり入ったフットバス。今日はゆずパウダー、小豆、シーソルト、クリスタル入り。
どんなトリートメントの前にも必ず行うのがこの「フット・リチュアル」。元々は東南アジアで行われていた自宅にゲストを招いたときの歓迎の儀式だったそう。指圧的な動作を交えながら、温かいお湯の中で足のすみずみまで浄められるひと時は、これから始まる癒しの旅への扉をそっと開けてくれました。

バスタブ
トランクィリティ スイートで優雅にバスタイムを楽しむのも素敵です。
この日のトリートメントは「タイムリチュアル(1時間50分¥42,000)」をオーダー。これは予約時に時間枠のみを指定し、当日の心身や肌のコンディションにあわせて内容を決めていくという、スパお薦めのカスタムメイドメニュー。相談の結果、この日の私はアロマのボディセラピーに、乾燥とたるみの悩みにアプローチするミニフェイシャルを受けることに決まりました。

マッサージ
芳醇なアロマの香り、心と身体に染み入る力強いハンドテクニック。これぞまさに西洋と東洋の融合
スパの全トリートメントで使用されているコスメは2種類。イギリスのアロマブランド「アロマセラピーアソシエイツ」とザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル独自のブランド。気に入ったコスメはスパブティックで購入することもできます。
うつぶせになり足のマッサージから始まったアロマセラピーは最初にリクエストした通りの「普通より少し強め」の手技。筋肉の強張りをしっかりとほぐし且つ穏やかなリズムの繰り返しでリラックスを促すセラピストの技術に恍惚……正直に言ってしまうとあまりの気持ちよさに半分以上意識が飛ぶこともしばしばでした。


セラピスト
撮影中「あ、ここも張ってますね」と本気でモデルさんをほぐし始めたセラピストの江口有子さん。職人気質です。
「寝てしまうくらいリラックスできたたほうが、体も楽になりますから。無理して起きてなくてもいいんですよ」と優しい担当セラピストにフォローされつつトリートメントは終了。薫り高いアロマオイルで全身しっとり、顔もすっきり引き締まりました。

オリジナルギフトやお得なスパ付き宿泊プランに注目!



【関連サイト】
マンダリン オリエンタル 東京HP
【関連リンク】
ハウステンボスにできた「The Life Spa RIN」を取材
珠玉のラグジュアリーホテルスパVol.1 ホテルオークラ東京
ホテルで、エステで。ふたり並んでリラックス アニバーサリーはペアエステで
ホテル・宿のスパ/vol.5 ヒルトン小田原リゾート&スパ
ホテル・宿のスパvol.3 フォーシーズンズホテル丸の内
ホテル・宿のスパvol.2/ザ・リッツ・カールトン大阪 プレイス・オブ・ハーモニー