週末は北海道の温泉スパへ!

翠蝶館正面玄関

女性のための癒しの宿

今度のお休みはいつものエステやマッサージじゃなくて、温泉に出かけてじっくりゆったり癒されたい――そんな女性におススメしたいが北海道・札幌市にある定山渓温泉。

江戸末期から続く北海道有数の温泉地ですが、ここにコスパ最高の素晴らしいスパ付き宿を発見!

その名も「女性のための宿 翠蝶館」。あらゆる設備とサービスが女性のために考え尽くされ、今や札幌界隈の女子だけでなく訪れた全国の大人女子たちから絶大なる支持を集めています。

また特に女性のひとり旅は応援に力を入れているそう。そんな噂を聞きつけたガイドもさっそく出かけてまいりました!

 

湯治×スパ×食養生で最大限の癒し効果

翠蝶館エントランス

暖かみのあるインテリアでまとめられた翠蝶館の館内。

湯治に食やスパトリートメントなど、様々な癒しの要素を重ねることで、それぞれが持つ美や健康への効果を何倍にも膨らませていくという翠蝶館。チェックイン時から気分を盛り上がる楽しい癒し演出が満載でした。
浴衣とお茶

ガイドが選んだ浴衣がこちら。滞在中限定だからこそ色や柄にも冒険できます。


まずチェックインと同時に簡単なカウンセリングを受け、リラックス、エナジー(活力アップ)、デトックスの中から滞在テーマを選択すると、テーマ別の茶葉の入ったティーセラピー用ポットと豊富な色と柄の中から選べる浴衣、風呂敷タイプの可愛い館内バッグが手渡されます。

 
アメニティ

4種類の中から選ぶのが楽しいアメニティ(画像上)とゲストルームに用意されていたオムニサンスのスキンケアセット。使っても持ち帰っても嬉しい!

さらに客室用のバスアメニティもここでセレクト。ガイドが訪れた時は贅沢にもミキモト、オムニサンス、スンダリ、ロクシタンなど一流ホテル御用達ブランドがずら~り!!

 

客室は全室マウントビュー。最も遅くまで美しい夕日に照らされることから「夕日岳」と名づけられた見事な山景色が望めます。
翠蝶館

窓辺にいるだけでほっと癒される北海道の大自然。


ゲストルーム

一番人気はこちらのアジアンツインルーム。夕焼けの眺望を楽しんだ後は柔らかな照明でゆったりリラックスです。

居心地の良いお部屋でこのままのんびりしたいところですが、移動の疲れを取るべく早速スパへ。

 


極上温泉とスパトリートメントのWアプローチで全身癒しきる

ゴロゴロルーム

自宅のリビングにいるかのように寛げる「Nature・SPA by SUI CHO KAN」内のゴロゴロルーム



スパスイート

デイベッド付のツインルーム(スパスイート)。おしゃべりに興じて長居しそうな予感がします。

こちらが「Nature・SPA by SUI CHO KAN」。贅沢に取られたスペースの中には豪華なツインルーム(スパスイート)
1室とシングルルーム3室、岩盤浴ルーム、プライベート温泉、カウンセリングスペース、ショップ、ゴロゴロルームと呼ばれるフリースペースを有しています。

 

フェイシャルやボディ、スカルプケアなどあらゆるトリートメントが用意されていますが、ガイドが選んだのは「湯治 定山渓プライベート温泉 Body Program」。ボディトリートメント前に人気のプライベート温泉が楽しめる贅沢なボディプログラム。

 

プライベート温泉

予約困難のプライベート貸切温泉。やっぱりリラックス度が違います!

翠蝶館のお湯は数多くのホテル・旅館が集まる定山渓温泉の中でもスペシャル中のスペシャル。なんと3本の源泉を敷地に引き入れ、美肌、ストレスの緩和、デトックス効果を目的とした濃厚なブレンド湯にしているんです。セルフにはなりますが、入浴時には北海道モミの木の爽やかな香りが心地よいアロマスクラブも利用できるので、温泉で体をふやかした後は角質ケアで全身をツルピカに磨き上げましょう。

 

ボディケア

上手すぎて寝落ちしかけましたが踏みとどまりました…

温泉でお肌ツルスベ、じわじわと汗がにじみ続ける状態になったら、熟練セラピストによるオールハンドのトリートメントがスタート。FU・PU(北海道モミの木)のエッセンシャルオイルをベースとしたアロマミストの香りに包まれながら、力強く的確なタッチで体の隅々までほぐされていきます。

寝ているのか起きているのか分からないリラックスタイムを過ごし、どうにかベッドから起き上がった後は食事までフリースペース「ゴロゴロルーム」でまったり。ガイドの他にも浴衣姿の女性たちが、仲間内のおしゃべりや読書など思い思いの時間を楽しんでいました。

 

北海道食材たっぷりの薬膳料理で体の中からキレイに!

料理

目にも鮮やかな創作薬膳。道内でしか出回らないという希少なご馳走食材をいっぱいいただきました!

夕食は館内の「ダイニング翠苑」で。国際薬膳調理師や中国茶インストラクターなどの資格を持ち、北海道洞爺湖サミットでは中華のシェフチームを担当した石井 登シェフによる創作薬膳コースをいただけます。

北海道の旬の食材をたっぷり使ったお料理は、どれも美味しくボリュームもたっぷり。なのにまったく胃疲れせず、デザートまで完食し、さらにラウンジに用意されていたおやつまでいただきましたが翌朝にはお腹はぺたんこ。朝食も全部美味しくいただけました。

 

チェックイン前、チェックアウト後も女性に優しい!

大浴場

自然の中に体が溶け込んでいくようなゆったりとした気持になれる大浴場。ゴロゴロルームと往復して出発ギリギリまで楽しんで!

リッチな温泉、極楽スパトリートメント、体を内側から整えてくれる薬膳ベースの食事やお茶など女性にとって魅力満載の翠蝶館。
ここまで至れり尽くせりだと「帰りたくない」という気持ちになりますが、なんと最後の最後までその期待に応えるような物凄いサービスを発見!

宿泊自体は15時~翌11時なのですが、実は大浴場とゴロゴロルームは12時から翌朝午後5時まで利用可能、つまりアーリーチェックインもレイトチェックアウトもびっくりの長時間滞在ができちゃうんです! 計算すると最長29時間の滞在、これなら東京から1泊2日で来たとしても十分に自分を癒しきれそうです。

 

系列のコンセプトホテルにも注目!

厨翠山

ライブ感あふれるオープンキッチンスタイルのメインダイニング。北海道産の新鮮な食材を豊富に使ったこだわりの料理を楽しめます。次回はこっちも泊まりたい!!

一人旅や女子旅で出かけるのであれば断然今回の翠蝶館ですが、近くには系列で食をテーマにしたグルメ宿「厨翠山(くりやすいざん)」や、ラグジュアリー感満載の「翠山亭倶楽部」もあり、こちらもかなり気になる存在。恋人や家族とならこのどちらかに泊まり、自分だけ翠蝶館のスパに行く!というのも楽しそうです。

 
翠山亭倶楽部

翠山亭倶楽部のゲストルーム。90平米の室内はなんとスパリビング、プライベート岩盤浴などの設備が!ゴージャスすぎます!


北海道の大自然と手厚いサービスで癒される定山渓温泉の温泉スパ、いかがででしょうか? いつもの温泉旅とはまた違う解放感たっぷりの極上旅になること間違いなしですよ!


■ 女性のための宿 翠蝶館(すいちょうかん) DATA

所在地:北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目57番地
TEL:011-595-3330
URL:http://www.suichokan.com/
宿泊料金:1名 \17,500~(1室2名利用時の1泊料金。夕朝食、税サ込。入湯税別)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。