・向附
向附。
長皿で供される造り盛り合わせ。
そして向附は、西川さんの修行元を感じさせる、豪快な供し方で登場です。


トロ握り。 よこわとひらめ。
久しぶりに感激したトロでしたね。口の中で見事にとろけます。   「ひらめ」と「よこわ」。
盛り沢山の内容ですが、まず写真左は「トロ握り」、写真右は「ひらめ」と「よこわ」。

さば寿司。 のれそれ。
この肉厚の鯖! これも定番の一品。   鯰の染付けに入っているのは「のれそれ」。
さらに、写真左が「鯖寿司」、写真右が「のれそれ」、と実に素晴らしいラインナップとなっています。

漬け皿。
ヒラメの肝醤油まで付いています。
小皿は3皿用意され、左から「ひらめの肝醤油」、「煎り酒(梅風味)」、「土佐醤油」。尚、トロ握りに使う醤油は写真のように刷毛が付いており、自分で好きなように塗れます。こういうスタイルは嬉しい演出ですね。


・焼物
キャベツ包み。
インパクトのある一皿。
そして、今回のコースでもっとも記憶に残った一皿が、この「桜鱒のキャベツ包み」。桜鱒をキャベツで包み、それに合わせるソースは「新玉葱のソース」となっており、ここにグリーンアスパラと、ポテトチップを乗せて仕上げてあるのです。皿が洋皿であればフランス料理としても通用しそうな逸品ですが、味はキチっと「和」の範囲なのが凄い。祇園の名店として一つ星を獲得しても尚、守りにはいらない西川さんの姿勢にはホント感服させられますね。

次ページでは、昼コース後半の料理を御紹介します