お雑煮の特色

お雑煮は地方によっても様々で、材料も作り方も違います。さらに地域や家でも違うので、ひとくくりにすることはできませんが、主として次のような特色があります。

■関西風
京都の雑煮

京都のお雑煮

白みそ仕立て/丸餅を焼かないで煮る

京文化の影響の強いところは、白みそ仕立てに丸餅という基本に、その土地の食文化が融合しています。日本海側や山間部が赤みそなのはその一例でしょう。丸餅なのは、年神様に供える鏡餅を模しているからで、伝統を重んじています。

■関東風
東京のお雑煮

東京のお雑煮

しょうゆ仕立てのすまし汁/角餅(切り餅、のし餅)を焼いて入れる

江戸文化の影響の強いところは、すまし汁に焼いた角餅を基本とし、その土地ならではの具材が入ります。みそを使わないのは、武家社会でしくじるという意の「味噌をつける」が縁起が悪いから。角餅なのは、寒冷地でもカビやひび割れのないよう伸して切り分けるようになったため。角餅でも、焼いて膨らめば丸くなるため、焼くようになりました。

関西風・関東風は、関西地方・関東地方という単純なものではなく、その土地の礎を築いた人が京都文化・江戸文化どちらの影響を受けているかが反映されています。全国的にすまし汁が多いのは、参勤交代で地方に江戸文化が伝わったためだといわれていますが諸説あります。

そしてそこに特産物や独自の文化が融合し、郷土色豊かなお雑煮となりました。海辺の町では魚が入り、山里では地元の野菜が入る。香川などで小豆のあんころ餅を入れるのは、稀少な砂糖をせめて正月に食べたいという思いの表れです。


我が家のお雑煮を楽しもう

地域性ばかりでなく、家によってもお雑煮は違います。祖先や親の出身地、結婚した相手の出身地、好みなどが融合して我が家のお雑煮になっているので、お隣さんとも違うはず。

あらためて、我が家のお雑煮を検証してみてはいかがでしょう。父方のお雑煮と母方のお雑煮を食べ比べてみてもいいですね。

また、若水で煮るというしきたり(前ページ参照)も、昔は井戸や湧水を汲みに行きましたが、今は元旦に水道で汲めばいいので、手軽に実践できて幸運も頂戴できそう(ぜひ家長が汲んでください)。


このように、お雑煮がいろいろなことを物語ってくれますが、様々な味と思いがしみこむ“我が家のお雑煮”がやっぱりイチバン……ですね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。