上巳の節句 ~季節の節目の邪気払い

雛祭りは女の子だけのお祭りなの?(画像提供:人形の家
3月3日の雛祭りといえば女の子のおまつりですが、それだけではありません。桃の節句、上巳の節句の説明とともに、桃太郎との関係もご紹介します。

【 INDEX 】
1.ルーツは上巳の節句    
2.雛人形の誕生と桃の節句  
3.桃の節句と桃太郎の関係  


上巳の節句 ~季節の節目の邪気祓い

雛まつりのルーツは上巳の節句です。上巳(じょうし/じょうみ)とは3月上旬の巳の日という意味で、のちに日付が変動しないよう3月3日となりました。その起源は300年頃の古代中国で起こった上巳節にさかのぼります。

昔から季節や物事の節目には災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、川の水に心身の穢れ(けがれ)を流して厄を祓う行事や、杯を水に流して宴を催す曲水の宴などが行われていました。つまり、季節の節目の邪気祓い行事として、老若男女を問わず皆の幸福を願う行事だったんですね。その上巳節を遣唐使が日本に伝えたといわれています。

日本でも古くから禊(みそぎ)や祓いの思想や、形代(かたしろ)という身代わり信仰があったため、それが上巳節と結びつき、上巳の節句として日本独自の文化として定着していきました。そのひとつが流し雛で、これは自分の体を草木やわらでこしらえた人形(ひとがた)で撫でて穢れを移し、それを川に流す行事が上巳節と混じりあったもので、今でもその伝統を守っている地域があります。また、曲水の宴も風雅な文化として発展していきました。


やがてお馴染みの雛人形が良家の子女のある遊びから誕生します >>>