棚機つ女(たなばたつめ)……七夕を「たなばた」と読むのはここから

中国の織姫と日本の棚機つ女が結びついて「たなばた」になっていきました

中国の織姫と日本の棚機つ女が結びついて「たなばた」になっていきました

「乞巧奠」が七夕の節供に変化していきましたが、もともとは七夕と書いて「しちせき」と読んでいました。七夕を「たなばた」と読むようになったのは、日本古来の「棚機つ女」の伝説に由来します。

「棚機つ女」とは、神様を迎えるために水辺に設けた機屋に入り、棚機(たなばた)と呼ばれる機織り機で神様に捧げる神御衣(かみこ)を織りあげる女性の話です。

そして、中国の織姫と日本の棚機つ女が結びつき、七夕と書いて「たなばた」と読むようになったのです。

お盆前の風習

七夕の行事には、水が関係しています。これは、天の川との結びつきだけではなく、お盆前の清めの風習にも関係しているからです。旧暦のお盆は7月15日なので、7月7日はお盆の準備をする頃にあたり、お盆前に身を清めたり、井戸をさらって梅雨どきにたまった不浄を清めるなどの習わしがありました。

今でも「七日盆」(なぬかぼん)といい、墓掃除をしたり、仏具を洗ったり、墓参りの道を掃除したりする習わしが残っています。

やがてこれらが結びつき、江戸時代に七夕の節句が五節句のひとつに定められると、人々に親しまれるようになっていきました。

七夕の後、七夕飾りを川や海に流す風習を「七夕流し」といい、七夕飾りが天の川まで流れ着くと、願い事が叶うといわれています。

では、なぜ七夕飾りをするのでしょう?
その答えは→
「七夕飾り(笹飾り)の由来と意味」をご覧ください。


【関連記事】
七夕飾り(笹飾り)の由来と意味
なぜ日本文化に五色が多いの?五色って何色?
親子の根っこをはぐくむ「行事育」とは?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。