「ピンからキリまで」略して「ピンキリ」

ピンからキリまでございますが「ピンがいい」と「ピンでいい」では意図するものが違うかもしれません。果たして相手の真意は…
・ピンのほうが上等だと思っている人
・キリのほうが上等だと思っている人
・キリを「桐」だと思っている人
・なぜ「ピンキリ」というのかずーっと疑問だった人
ここでその使い方を再確認しておきましょう。ちょっとややこしい話になりますが、なかなか面白い豆知識になりますよ。


「ピン」と「キリ」の由来ってなに?

●「ピン」の由来……ポルトガル語で「pinta」。「点数」という意味で英語の「point」にあたります。室町時代にポルトガルから伝来した天正カルタで1点の札のことをピンと呼んだのが始まりでして、最初という意味だけでなく、本来は最低(1点にしかなりませんから)という意味も含んでいました。

●「キリ」の由来……日本語で「きりをつける」「きりがつく」の「きり(切り・限)」。「物事がそこで終わりとなる。区切りのところ」という意味。天正カルタは1~12まであり、12の札のことをキリと呼びました。一番最後という意味です。
※俗説その1:ピンキリを1~10までと解釈し、十字、十字架という意味のポルトガル語「cruz」が転じたという説。
※俗説その2:花札の12月が桐の花なので、そこからキリ=桐になったという説。


ピンが最低から最高に逆転!

【豆知識】ポルトガルから伝来した「天正カルタ」の復興版。12枚×4=48枚。カルタというよりもトランプに近い。「天正カルタ」から日本版の「うんすんカルタ」に発展。うん=1、すん=最高を表すことから「うんともすんとも言わない」の語源になりました。
ちょっと頭の中が混乱してきましたので、整理しましょう。

■ピン…… もとは天正カルタの1の札のこと →最初、最低
■キリ…… もとは天正カルタの12の札のこと →最後
ということで、これを当てはめると「ピンからキリまで」は「最初(価値としては最低)から最後(価値としては最高)まで」という意味、つまりピンのほうが価値が低いのです!しかし、この当時は「ピンからキリまで」という慣用句はありませんでした。

ところが、江戸時代に「ピンからキリまで」が慣用句になったとき、この意味が逆転します。
■ピン…… 最初 →1番 →最高
■キリ…… 最後 →最低
となってしまい、ピンのほうが価値が高くなったのです。

現在は、ピンが最高でキリが最低という意味で使われています。


「松竹梅」と「ピンからキリまで」の使い方

【 松竹梅 】はもともと平等だが、松を上等とすることが多い。
【 ピンからキリまで 】は、本来はピンのほうが最低だったが、慣用句としてはピンが最高となっている。

勘違いしていると思わぬ失敗を呼んでしまいますので、注意してくださいね。