▼ 香港では?
では、数年前に返還された香港はどうなのでしょうか?香港に詳しいライターの牛嶋直美さんにお聞きすると、
「香港の市場やお茶屋さんでは、1斤=600g。漢方薬局での燕の巣も生薬も、現地の基本は1斤=600gで、「習慣的には」あくまで、600gのほうが一般的という気がします。「繁体字を使い続けるのとおなじなのかなー」という感じでしょうか。ただしこれはあくまで根拠のない私の考え方です。」
とのこと。

一部、「中国式に500g」とか「375g(これは10両=1斤という中国と旧来の度量衡の混乱?)」なんていう意見も上がっていますので、注意が必要ですが(是非お店に確認してください。)、やはり長年中国古くからの分量がそのままイギリス当地時代をへてそのまま継承されているということなのでしょう。

牛嶋さんによると、
「「なんで「中国は1斤=500gになったんだろー」という感じ。香港のひとも、近代の中国でそういう風に単位が変わっていることを知らないひとのほうが多いんじゃないかなー。逆に「磅(ポンド:453.56g)」はスーパーマーケットだけでなく、街市(市場)なんかでも浸透していて、店によってはとてもフツーに使っています。野菜や果物は、特に繁華街ではこの単位が多い気がします。(ただしお茶屋さんで「磅」は見かけません。)」
とのこと。当然の事ながら、中国の影響よりも英国の影響が大きかったことがうかがえますね。

ちなみに、香港から程近い深センでは、中国の度量衡が適用になっているので「一斤=500g」です。



【まとめ】
 
中国:一斤=500g

台湾:一斤=600g

香港:一斤=600g



▼ 「両(りょう)」って?
では、斤より小さな単位「両」はどうでしょうか。

これも中国と台湾では違います。

中国は新度量衡以降、斤を500gとしたのと同じような考え方で、「一両=50g」で統一しています。近代メートル法、グラム法と同様10進法で統一することが、近代国家「中華人民共和国」を作り上げる上でも必要だったのでしょう。

一方、台湾では、古い度量衡をそのまま引き継いでいますので、「一両=37.5g」になります。香港も同様に「一両=37.5g」になります。

【まとめ】
 
中国:一両=50g

台湾:一両=37.5g

香港:一両=37.5g

 
中国:一斤=10両

台湾:一斤=16両

香港:一斤-16両

▼ 覚えておこう♪
このように中国と台湾、そして香港の量をあらわす単位がばらばらだと、お茶を買うときも、なんだか迷ってしまいますね。中国の場合は、一斤が1kgの半分と覚えておけば、後は十進法ですから、一両が1/10。100gは二両♪ 比較的覚えやすいですね。自分が欲しいお茶の量をあらかじめ想定しておけば、茶荘の店先で悩むことは余りなさそうです。

一方、台湾や香港はなかなかめんどくさい。これは身体で覚えてしまうしかないのです。(笑)。台湾で大量にお茶を買う人は一斤600gで覚えてしまうのが良いでしょう。小さくくるくるとした形の凍頂烏龍茶や高山茶などは通常半斤ごとに箱に入っていますが、中には大きな一斤入りの箱に入ってしまっている場合もあります。また、文山包種茶や東方美人などのかさのあるお茶は、たいてい半斤が一箱になっています。
(右の写真で、右の箱が一斤入りの阿里山高山茶、左の箱が半斤入りの杉林渓高山茶です。また、このページの上部の写真は、半斤入りの箱が2箱入った一斤入りの文山包種茶です。)

1両 37.5g
2両 75g
3両 112.5g
4両 150g
5両 187.5g
6両 225g
7両 262.5g
8両 300g
9両 337.5g
10両 375g
11両 412.5g
12両 450g
13両 487.5g
14両 525g
15両 562.5g
16両 600g

台湾で覚えておくと便利なのは、上表の赤字部分。「1斤=16両=600g」、「半斤=8両=300g」が基本ですが、そのほかにも、「2両=75g」、「4両=150g」、「12両=450g」なども頭の片隅に入れておくととても便利です。

なお、現在では中国、台湾、香港でも欧米式の度量衡が導入され始めており、一般の生活では「公斤=キログラム」「公克=グラム」が重さの単位に使われています。

実際、牛嶋さんによると、香港では「最近箱入りのものは最小が「50g」という単位も増えているかもしれません。香港では店によって、袋入りや箱入りのものには、「50g」(中国の1両相当)や「100g」(中国の2両相当)「75g」(香港の2両)や「150g」(香港の4両) という単位が多いですねー。」とのこと。

ということで、中国や台湾でお茶を買うときには、これらの単位を是非覚えておいてください!


  記事作成に次の方から情報等を頂きました。
   牛嶋直美さん   うし日記
   chiguhagu さん Le Lotus Bleu



【中国茶サイトのメールマガジンを購読しませんか?】

AAJ中国茶サイトでは、メールマガジンを毎週金曜日にお届けしています。新しい記事、サイトの情報はもとより、中国茶に関するトピックスな情報もご提供しています。



<<前へ 1 / 2  
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。