カフェインとお茶


茶葉にはカフェインが含まれているのが特徴


お茶には、他の植物には含まれていなかったり、含まれていても含有量が少ない成分がいろいろと含まれています。たとえば、テアニンやカフェイン、カテキン類、無機成分としてマンガン、フッ素などを掲げることが出来ます。逆にそれがお茶を嗜好品として長い間ずっと特徴のあるものとして位置づけ、人々を魅了してきた原因でもあります。

そのせいか、カフェインが多いので妊婦は飲まないほうがいいとか、夜遅くに飲まないほうがいいとも言われます。だから、多くの人から、お茶が好きだけどカフェインの少ないお茶はありますか?といった質問が多く寄せられています。

他の飲料と比べても、カフェインの含有量は多く、覚醒作用がお茶の一つの特徴だとも言えるでしょう。たとえば、麦茶、玉露、コーヒー、コカコーラ、板チョコの中でカフェインの多い順に並べるとどうなるでしょう。

そう、玉露が一番多く、ついでコーヒー、板チョコ、ココア、コカコーラ、麦茶の順になります。コーヒーはカフェインが多いといわれていますが、コーヒーの炒り豆と玉露の茶葉を比べると、100gの中に含まれるカフェイン量はコーヒー炒り豆1.3%であるのに対して、玉露は3.5%と倍以上の量の量が含まれています。抽出液150ml当たりのカフェイン含有量を比較しても、炒り豆をドリップしたコーヒーは100 mg 急須で淹れた玉露は180mgと、玉露の方が多くのカフェインが含まれています。

では、そもそもカフェインとはなんでしょうか?