ファミコンの思い出
<<前へ12345678910次へ>>


こんな力がゲームにもあったのか 投稿者: さん (男性/20代)
「昔のゲームは良かった」とかいう意見は好きじゃない。ゲームはデジタル部門の最先端。常にエッジな技術で僕らを驚かせて欲しい。そう思っていた。先日、妹が久しぶりに帰ってきた。結婚、子育てに忙しく、最近は話をする機会もなかったが、珍しくゆっくり出来るらしい。部屋でとりとめもない話をしていると、ふと、俺の部屋のNewファミコンに目をやった。

「コレ何?」
「ファミコンだよ、昔の。形ちょっと違うけど。友達が置いてった」
「マジで!ねえ、あれないの、アイスクライマー」
「うーんと、確か・・・あるよ、ホレ」
「うわー、ちょっとやっていい?」

驚いた。妹は普段ゲームやったりしない。その妹が、なぜアイスクライマーを知ってる? しかも、うまいし!

「コレ一緒にやったじゃん、小学生の頃。カセットこれしか無くて、あたし凄いやったよ。松茸見た、マツタケ?」
「マツタケ? 何言ってんだ。」
「このゲーム、面の終わりに野菜出るじゃん。最初はナス。次にんじんとか。あたしそれが楽しみで、全部見たくなったのよ」
「それで?」
「ある日さぁ「マツタケ」が出てきたのよ!もう嬉しくて。だって王様じゃん、野菜の」
(爆笑)
「一緒にやろうよ。シロクマやだなー」
「シロクマ?」

開始後速攻、俺をおいて登っていく妹。俺1ミス。

「おい!」

そう叫んだ瞬間。思い出した。夕方の薄暗い部屋。まだそれぞれの部屋が無く、同じこども部屋で、小さいテレビの前で大騒ぎしながら遊んだアイスクライマー。4階のボスが倒せないと悩んだスパルタンX。手を怪我したハイパーオリンピック。

忘れていた記憶が、蘇るあの感覚。俺は尾崎を聞くと高校時代の親友を思い出すし、「恋する惑星」を見ると、初めてカノジョを部屋に呼んだ日のことを思い出す。映画、音楽には、そういう力があると思う。

・・・ゲームにもあったのか。

20年。テレビゲームは一つ「レベルが上った」のかもしれないな、と思った。昔のゲームも、たまには遊んでみるか。ちなみにシロクマとは、アイスクライマーでいつまでも同じフロアにいると出てきて、強制的に1段下げてしまうヤツだった。妹曰く、

「私未だにシロクマ怖いよ。この間こどもを動物園に連れてったときも、 シロクマだけは見せなかったね」

それは、どうだろう。

・・・◆・・・

TVとファミコンを繋げることが出来ず・・・ 投稿者:Akky さん (男性/30代)
小学校の6年生のときに、クリスマスプレゼントに親から買ってもらったファミコン。

当時TVと繋げることが親にも自分自身でも出来なくて、そういったAV機器に強い親の会社のおじさんに来て貰って初めてプレイしたのがマリオブラザーズ。おじさんが来るまでの間、悶々、ワクワクとしていたのを覚えています。そして、初めてプレイしたときの感動ったら。一生この日のことは忘れられないと思います。

・・・◆・・・

2コンは未だにゴムの■ボタン 投稿者:satobon さん (男性/20代)
小学1年の9月15日、父親に泣いてせがんで買ってもらったファミコン。そのときには、父親もやりたかったのか、ファミリーベーシック(初のバックアップシステム。ただし単三電池二本)と一緒に購入。私はマリオブラザーズで、友達とプレイヤーの殺し合いをして遊んでは、いつもケンカばかりしてました。

その後、父親が購入したデータレコーダ(松下製)で、テープを流してベーシックと連携して遊べるのが驚きでした。その後はディスクシステムも購入して『オトッキー(おたっきーではない)』というアスキーのミュージックゲームにはまり、今では音楽系のアプリを作る傍ら、プログラマ?として現在にいたります。

あの時つかっていたファミコンは今も健在で、2コンは未だにゴムの■ボタン。本体もまめに中性洗剤で磨いていたために真っ白。 あれは絶対売りません。宝物ですね。

・・・◆・・・

思い出としてココロに焼き付いて・・・ 投稿者:るるる さん (女性/30代)
3つ上の兄と共に父親にねだったことを思い出します。「勉強する」「1日2時間以上はやらない」と約束して買ってもらったファミコン。本体と共に買ったソフトは「ドンキーコング」「バンゲリングベイ」、父も実はやりたかったのか「五目ならべ」(笑)…コントローラーの四角いゴム製のボタンが壊れ、丸いプラスチックのボタンに変わっても使い続けました。新しいゲーム機が出るまでは…

今は「急にファミコンにハマリ出した!」と言う友人にソフトは全てあげてしまったので、手元には使い込まれた本体しか残っていませんが、ファミコンで遊んでいた日々は思い出としてココロに焼き付いています。

・・・◆・・・

今の夫には話さないで 投稿者:MIZUHO さん (女性/30代)
あれは忘れもしない小学校時代、今は私よりもゲームを全くしない妹が当時アーバンチャンピオンに熱中し、「99面」まで行って100面までいこうかとしたそのときにファミコンが突然止まり(笑)、妹が暴走してパッケージの箱を破って壊してしまいました。

その様子をはたから見ていていた私はちょっと笑ってしまいましたけれど、今では妹にとっては恥ずかしい思い出らしく、「その思い出話だけは今の夫には話さないでくれ」といわれていますw

・・・◆・・・

<<前へ12345678910次へ>>

<関連ページ>
なぜ今、「ファミコン」なのか
生産中止になっても、ファミコンの歴史はまだまだ続く!
「ファミコン」が愛される理由とは
ゲーム作りで大切なのは、技術の「進化」よりもアイデアの「新化」!
名作ファミコンソフトの復刻版「ファミコンミニ」
昔のユーザーには懐かしく、今のユーザーには逆に新鮮!
読者の「ファミコンの思い出」&「最近のゲームに思うこと」
読者の皆様からのご意見&「ファミコンミニ」アンケート結果発表!