全身引き締め筋トレで、痩せ体質になろう!

メリハリの利いたボディ作りには、筋肉が不可欠です。筋肉をつけることで、基礎代謝が上がり、少々食べ過ぎても、寝ている時でも素早く脂肪を燃やす“痩せ体質”になります。今回はダンベルを使い負荷をかけ、自分の筋肉を育てていきます。ダンベル初心者、中級者どちらにもビシッと効く2種類をご紹介しますので、今日から痩せ体質作りを始めましょう!

スクワット

筋肉を鍛える時にはまず、大きな筋肉から動かしていきましょう。スクワットは、臀部や太もも裏(ハムストリングス)などを刺激するので、代謝が上がりやすくなります。さらに、姿勢をキープするために深層筋である腹横筋を使うので、全身引き締めに効果大です。腸の一番近くにある腹横筋を鍛えるで便秘にも効果があります。

スクワット
1.ダンベルを持ち、つま先は斜めに向け、肩幅よりも大きく開きましょう。
このときお腹を腰に引き寄せるようにし、尾てい骨を真下に向け、姿勢を整えましょう。

 
スクワット
2.ゆっくりと息を吐きながら腰を下げます。
この時骨盤がまっすぐ下に下がるようにイメージしましょう。

 
ダンベル
3.太もも裏が床と平行になるまで腰を下げましょう。
ダンベルの重さで尾てい骨が床に近づくようにイメージを。

 
ダンベル
4.息を吸いながら元の位置に戻りましょう。
15回を目安に。