代謝の悪い朝こそ、エネルギーアップでヤセ体質へ!

温かくて優しい朝の陽射し
こんにちは、ヨガ・ピラティスガイドのとも子です。暖かくてやさしい春の朝、眠りから覚めて一番最初にすることはもう一度寝ること。だって、春は二度寝が最高の季節ですもの、あぁ至福~。

とはいいつつ、春の過ごし方が、夏の魅せボディをつくるんですよね。気づいていました?というわけで、たるみきったボディを夏前に引き締めるため、朝ヨガをはじめましょう!

硬くて代謝の悪い朝ボディを引き伸ばし、血液の循環をよくすれば、心身の立ち上がりがグッと良くなり代謝もアップ。続けることでヤセ体質への変化が期待できるんですよ。ステキでしょ!

眠気を覚ますコブラのポーズで、体を徐々に活性化!

朝からヨガをするからといって、すぐにおきる必要はナシ!眠気を徐々に覚ますつもりで、ゆっくりと行いましょう。朝一番、縮まった背中を伸ばせば、一日中美しい姿勢がキープできます。


 
(1)まずは、両足を骨盤幅にして床にうつ伏せになり、胸の横に手のひらを置きましょう。

息を吐ききって>準備。

 
(2)<息を吸いながら> 背筋力を使い胸を広げながら、ゆっくりと後ろに反っていきます。肩甲骨は下へ引き下げ、肩が上がってこないように注意。

そのままの姿勢で、深くゆっくりと5回呼吸を繰り返しましょう。

 
(3)<息を吐きながら>、元の姿勢に戻ります。

*一連の動きを3回行いましょう。全部で2分くらいです。