ご婦人の化粧品と同じ!

ケア道具あれこれ
「靴クリーム」と一般的に総称しているものって、実は大変種類が多いのです。「汚れ落とし」「栄養補給」「ツヤ出し」、ベストなものは、それぞれ異なります


前回はシューケアの基本中の基本である、スムースレザー(要は普通の牛革)の通常のお手入れ方法を、「汚れ落とし」「栄養補給」「ツヤ出し」の3ステップでご紹介致しました。そこで様々なケア用品を使ったわけですが、これらは残念ながら、実際に靴を作られている方・売られている方でも用法を混乱しているケースが多々あります。

そこで今回は、これらの見分け方・使い分け方に焦点を当て、詳しく解説していきたいと思います。予めヒントを申し上げておきますと、ズバリ、ご婦人の化粧品です! 以下を読んで具体的な化粧品が想像できなかった方は、身近な女性の方に伺ってみましょう。


「汚れを落とす」クリーナーは、種類も多数

クリーナー
クリーナーは様々なものが売られていますが、「汚れ落とし」に徹したものが一番使いやすいと思います。代表例はこれ。M.モゥブレィ ステインリムーバー 630  R&D
文字通り、革の表面から汚れや古い乳化性クリーム・油性ワックスの成分を取り去るのが、クリーナーの役割です。ご婦人の化粧品に例えると、「クレンジングクリーム」とか「メイク落とし」的な存在です。

ドラッグストアに行くと大量に見かけるそれらと同様、クリーナーにも液体やジェル、クリームなど様々な形状が見られます。また形だけでなく、その効果も製品によりかなり異なっているのが現状で、純粋に汚れ落しに徹したものから、栄養分もかなり補給でき乳化性クリームに限りなく近いものまで、本当に様々です。小生個人としては、純粋に汚れ落しに徹したものが好みです。

いずれにせよ、必要以上にゴシゴシ用いると、摩擦で革を痛める結果になりかねないので注意しましょう。軽くサッと用いるのが、何よりもの秘訣です。

余談ながら、小生が以前勤めていた会社の東京本社があったビルの地下に小さな誂え靴店があって、そこのおじさんは汚れ落としに、ガソリンを使ってたんだよなぁ…… 確かに染み抜き用のベンジンもガソリンの一種だから、油性の汚れは落ちます。決して間違ってはいない生活の知恵です。たとえ色落ちが激しく起きても、靴の色も黒と茶色しかないかつての典型的なサラリーマン相手のお店でしたので、上手く対応できたのでしょう。

「栄養補給」「ツヤ出し」のケア用品に付いては、
次のページをご覧ください。