靴クリームは、乳化性だけでも多種

以前の記事(革靴の手入れに使うクリームの選び方と使い方)では、クリーナーと乳化性クリーム、油性ワックスの違いについて説明致しました。今回は、そのうち「乳化性クリーム」について、更に踏み込んで解説していきたいと思います。いずれにせよ、基本的な使い方は、以前の記事(スムースレザー靴の手入れ法と揃える道具一覧)でお話した通りですので、そちらも合わせてご参照下さい。
 
乳化性クリーム,,乳化,クリーム,革靴,補色,靴クリーム,無色,色,選び方,手入れ

「乳化性の靴クリーム」と一般的に総称しているものだけでも、迷わない方がおかしいくらい種類が大変多いのです。悩むと言うより、楽しんで使っちゃって下さい!


【目次】  

新品の靴は無色、履き込んだら色付きでケア

靴クリームの売り場に行くと、殆どのところで乳化性のものは「無色」と「色付き」双方が売られていますが、どちらを選ぶべきかで戸惑ったこと、ありませんか?
 
乳化性クリーム,,乳化,クリーム,革靴,補色,靴クリーム,無色,色,選び方,手入れ

無色でいいのか、色付きにすべきかで売り場で迷った経験がおありの方も多いはずです。因みに手前のものは「無色」、奥は向かって左が「ミディアムブラウン」、右が「黒」です。


黒の靴用はまだ「無色」VS「黒」と比較が簡単にできます。しかし、茶系のものになると、やれミディアムブラウンだコニャックだマホガニーだと「色付き」のものでもどれがベストなのか。さらに、それと「無色」とでどちらが有効なのか、慣れている人でも、なかなか判断が付かないのが実情です。

個人的な結論を書いてしまうと、「お好みでどちらを選んでも構いません!」なのですが……。それでは回答になりませんので、一例を挙げますと、「新しいうちは無色で、履き込んできたら色付きでケア」が分かりやすい指針の一つではないでしょうか?

靴を履きこんでいけば、しっかりケアしていても色抜けや使用上のキズ・シミなどがどうしても発生してしまいます。そうなりだした時点で、補色のできる色付きの靴クリームにチェンジしてあげればよい、ということです。

また色付きのものを用いる際は、流石に黒の靴の場合はクリームも普通は黒のみですが、茶系の場合は靴の色よりも少し薄めの色合いのクリームを選ぶと、無難に済みます。もちろん「せっかく履き込んできたから、自分の色にしたい!」と言うのであれば、靴と同色だったり、色ムラを覚悟の上で敢えて靴より濃い色のクリームでケアしたりするのでも、全く間違いではありませんよ。

栄養補給よりも、補色・着色を重視した特殊な商品は別ですが、通常の色付きのものですと、たとえ靴と異なる色調のものを用いたとしても、一回のケアではそれほど劇的には靴の色は変わらず、積み重ねで徐々に変化してゆくものです。

また、革にも加工方法により、色ムラが出やすいものと出にくいものがありますので、この辺りは小難しく考えるより、履き込んでからのお楽しみにしちゃいましょう。
 

迷った時の万能選手がデリケートクリーム

また、同じ靴クリーム売り場で同じブランドの「無色の乳化性クリーム」を、2種類見た経験がおありの方も多いでしょう。2枚目の写真のような、白色のマーガリンみたいなものと、右の写真のような半透明のゼリー状のものです。前者は通常の「無色の乳化性クリーム」ですが、後者は一般的には「デリケートクリーム」と呼ばれ、明確に区別されています。何が一体、違うんだ?
 
乳化性クリーム,,乳化,クリーム,革靴,補色,靴クリーム,無色,色,選び方,手入れ

迷った時に重宝するデリケートクリームの特徴は、ご覧のように半透明のゼリー状になっていることです。


簡単に申せば、成分の配合比が異なるのです。乳化性の靴クリームの主成分は「水・油そして蝋」、これは前回の復習です。そしてデリケートクリームは、通常の無色のものに比べ油と蝋の配合比が少な目の、水分主体のクリームと考えて宜しいかと思います。

油と蝋が少な目と言うことは、ケアで用いてもあまりツヤは出てこない反面、これらが影響するシミなどが起こりにくいとも言えます。なので、あまりテカテカに仕上げたくない場合やマットな質感が特徴の革、ラムスキン(仔羊)やキッドスキン(仔山羊)など牛革に比べ断然柔らかい革、或いはかなり薄い茶色の革を用いた靴には最適なクリームです。

極端に言えばリザード(トカゲ)やクロコダイル(鰐)などいわゆるエキゾチックレザーの靴のケアにも、このデリケートクリームは問題なく使えます。カバンや手袋など靴以外の革製品にももちろん使用可能ですので、1つ用意しておくと大変重宝しますよ。靴そのものに例えるならば、そう、黒のプレーントゥ(参考:ビジネスマンは知っておきたいプレーントゥの種類)のような存在。分からなくなったら使うべきは、これでしょう。
 

乳液状のものなら液体のものもOK

乳化性の靴クリームの中には、それこそ「クリーム状」にはなっておらず、液体になっているものもあります。これらのうちで、いわゆる「乳液状」になっていて、必ずブラッシング並びに拭き取りを要するものは、通常の無色の乳化性クリームと同様靴に用いていただいて大丈夫です。

これらは本来、手袋やカバンなどのケアに用いるもので、正に化粧品の乳液と同様に浸透性が結構強いものが主流です。なので、革の組織構造上通常の乳化性靴クリームが浸透しにくいコードヴァン(馬の臀部の革)をアッパーに用いた靴のケアなどには、有効に活用できるかと思います。
 
乳化性クリーム,,乳化,クリーム,革靴,補色,靴クリーム,無色,色,選び方,手入れ

このような乳液状の乳化性クリームは、本来カバンや手袋用ですが、靴に用いても大丈夫です。


一方、例えば「塗るだけで光る」等のセールスコピーが使われている液体のものは、個人的にはおすすめいたしません。これらを塗ってそのまま乾燥すると、革の表面に硬い覆いが被さるような状態になり、革の通気性も柔軟性も損なわれてしまい、放っておくと特に履きジワの部分から革にヒビが入るケースが多々見られるからです。

また、この「覆い」は落とすのも厄介でして、通常の靴用のクリーナーでは除去できず、最悪シンナーの協力を要する場合もあり、当然革の風合いが悪化してしまいます。確かに、瞬時に輝きが出るものではありますが、するべき手間をしっかりかけないと、後々最悪の結果が待ち受けているのは、どの世界でも同じことだと覚えておいて下さい。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。