ブラックペッパー

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/6/7/2/spice.jpg
スパイスもアロマになるんです。
(Piper nigrum)
コショウ科の多年草
果実を水蒸気蒸留にて採油

コショウといえばインド。15世紀の大航海時代はインド原産のコショウを直接産地に求めることが目的の1つだったといいます。今では食生活に欠かせないスパイスの代表がコショウですよね!薬としても使われた歴史をもち、消化、内臓の炎症、解熱などに処方されたとか。コショウは正倉院薬物の中にもあるそうです。


ブラックペッパー精油はもちろん、このスパイスのコショウと原料は同じ。エッセンシャルオイルでは、黒コショウとはほとんど言いません!ブラックペッパーと呼びます。普段スパイスとして使用するあの黒い粒(未熟な果実)を乾燥させたものから採油します。


ブラックペッパーのアロマ効果

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/9/6/7/2/woman3.jpg
消耗したココロを癒します...。
なんとなくやる気がでないときにはブラックペッパーのスパイシーな香りが心を刺激します。また日頃のストレスで、エネルギーが消耗したときに、心に元気と活力を与えてくれます。コショウの香りが少し情緒に欠ける場合は(笑)レモンやベルガモットなど柑橘系の香りとの相性もGoodです!

身体面では、駆風作用といって、腸内のガスを出しやすくする作用があるといわれ消化活動を高めます。便秘、腹部の膨張感などを和らげるでしょう。お腹にトリートメントしてみましょう。キャリアオイル小さじ1杯にブラックペッパーのエッセンシャルオイルを1滴入れてよくかき混ぜたものを、お腹だけでなく、腰などにオイルを塗り広げ、気持ちの良い強さでマッサージします。早速、腸が動いてくるように感じる人もいます。



■ ガイドからひとこと提案
料理中にコショウをふったらクシャミがでる人はこのエッセンシャルオイルでもクシャミが出るようです(笑)。


■ 取り扱い注意
やや皮膚に刺激になることがあるためお風呂での使用では、敏感肌の方はご注意ください。


参考文献
『香りと花のハーブ図鑑』(主婦の友社)
『ハーブスパイス漢方薬』本多義昭(丸善)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。