自分に似合う青の選び方

ファッションやメイクに「青」を取り入れるときは、自分に似合う「青」を選びましょう。

ファッションやメイクに「青」を取り入れるときは、自分に似合う「青」を選びましょう。

似合う色は、人それぞれ異なります。青は苦手とおっしゃる方も、色相(色み)や色調(トーン)の選び方次第で、上手に着こなすことができます。パーソナルカラーの4つの基本タイプの青の特徴をまとめましたので、ご参考になさってください。

※ご自分のパーソナルカラーがわからない方は、下記の簡易診断をお試しください。パーソナルカラーの基本となる4つのタイプを紹介しています。

■スプリング(春)タイプ

上から順に、ケンブリッジブルー、薄縹(うすはなだ)、ペリウィンクルブルー

上から順に、ケンブリッジブルー、薄縹(うすはなだ)、ペリウィンクルブルー

スプリングタイプは、ティファニーのパッケージのような爽やかなアクアブルー、明るく透明感のあるライトブルー、紫みを帯びたソフトなブルーなど、どこかあたたかみのあるブルーが似合います。

■サマー(夏)タイプ

上から順に、水色、ミディアムブルー、スカイブルー

上から順に、水色、ミディアムブルー、スカイブルー

サマータイプは、白やグレイが混ざったパウダリーで冷たいブルーが似合います。

■オータム(秋)タイプ
上から順に、ターコイズ、ティールブルー

上から順に、ターコイズ、ティールブルー

オータムタイプは、緑みに寄った、ターコイズやティールブルーなど個性的で落ち着いたブルーが似合います。

■ウィンター(冬)タイプ
上から順に、アイシーブルー、ホットターコイズ、ロイヤルブルー

上から順に、アイシーブルー、ホットターコイズ、ロイヤルブルー

ウィンタータイプは、ホットターコイズやロイヤルブルーのような鮮やかでインパクトの強いブルー、あるいは、アイシーブルーのような淡いブルーが似合います。

パーソナルカラーの4つの基本タイプは、ブルーベース(サマータイプとウィンタータイプ)、イエローベース(スプリングタイプとオータムタイプ)に大別されます。ブルーベースに比べると、イエローベースはブルー系は似合う色が少ないので、色みやトーンを吟味することが大切です。

次のページでは、パーソナルカラーの4つの基本タイプ別に、おすすめコーディネートをご紹介します!