オータムタイプの方の特徴

落ち着いた深みのある色で、シック&ゴージャスなイメージに

落ち着いた深みのある色で、シック&ゴージャスなイメージに

オータムタイプの方は大人っぽい印象で、強さと落ち着きを兼ね備えた雰囲気を持っています。頬の赤みは少なく、陶磁器のようなつるりと滑らかな肌、深みのあるダークブラウンの瞳は優しくてソフトな印象です。

ナチュラル、エスニック、ゴージャスといったキーワードを意識した、軽すぎないシックで大人っぽいコーディネートがおすすめです。

 

似合う色は、WARM・DEEP・MUTE

オータムタイプに似合うのは、木々の葉が秋色に染まり、黄金の実りがもたらされる……そんな豊潤なイメージです。黄金色、深い赤、枯れ葉色、深みのあるアースカラーが似合います。

落ち着いたシックな色を着ても地味にならず、かえって華やかに見えます。イエロー(ゴールド)ベース(黄みのある色)で、深みのある、くすんだ色、暖かみがあって落ち着いた大人っぽい色を選びましょう。

■暖色系

オータムタイプのカラーパレット(暖色系)

オータムタイプのカラーパレット(暖色系)

赤はスパイシーなオレンジレッド、錆びた鉄の色のようなラストも似合います。ピンクは黄みのある、くすんだアンティークな雰囲気のサーモンピンク、黄色は深みと渋みのあるイエローゴールドやマスタードや、オレンジ系のパンプキンやテラコッタのような色も、とてもよく似合います。

■寒色系

オータムタイプのカラーパレット(寒色系)

オータムタイプのカラーパレット(寒色系)

緑はバリエーションが多く、モスグリーンのように黄みがあり、深みと渋みのある迷彩色調のグリーンをつややかに着こなします。青のバリエーションは多くありませんが、緑みに寄ったティールブルーなど個性的で落ち着いたブルーが似合います。

■ベーシックカラー

オータムタイプのカラーパレット(ベーシックカラー)

オータムタイプのカラーパレット(ベーシックカラー)

オータムタイプはダークで暖かみのある色は得意ですが、冷たい色や明るい色を着こなすのはどちらかというと苦手なタイプです。ベーシックカラーもくすんだ暖かみのある色を選ぶのがポイントです。白はアンティークレースのような黄みがかった白、くすんだ落ち着いたベージュ、ブラウン系は濃く深いダークなチョコレートブラウンなどが似合います。

苦手な色は、COOL・LIGHT・BRIGHT

オータムタイプの方が避けた方がよい色

オータムタイプの方が避けた方がよい色

苦手な色は青みの強いブルーベースの色、薄くて軽い色、鮮やかすぎる色。薄くて軽い色は顔色がさえなくなり、もの足りない印象に。鮮やかすぎる色はきつく浮いた印象になりがちなので、避けた方がよいでしょう

苦手な色を身につけるのなら、えりぐりの大きくあいたデザインを選んだり、ボトムにもってきたりして、できるだけ顔から離して使うのが賢明です。微妙な色づかいが似合う

ので、苦手な色の分量を控えめに、類似色でまとまりのあるコーディネートにして、全体のバランスを整えましょう。

次のページでは、オータムタイプの方に似合うヘアメイクの色をご紹介します!