オータムタイプの特徴と似合う色

オータムタイプは、落ち着いていてシックな雰囲気の持ち主。ブラウン、モスグリーン、レンガ色、辛子色、オリーブなどが得意です。

オータムタイプは、落ち着いていてシックな雰囲気の持ち主。ブラウン、モスグリーン、レンガ色、辛子色、オリーブなどが得意です。

オータムタイプは、強い張りのあるつや肌、ボリュームのあるナチュラルな髪、深みのある濃い瞳の持ち主。顔立ちは落ち着いていてシックな印象で、実年齢よりも落ち着いて見える人が多いようです。思慮深い眼差しのせいでしょうか、思わず相談を持ちかけたくなってしまうような、あたたかい雰囲気を漂わせています。

パーソナルカラーの4つの基本タイプは、黄みがかった色が似合うイエローベース(スプリングタイプとオータムタイプ)と青みがかった色が似合うブルーベース(オータムタイプとウィンタータイプ)に分類されます。

オータムタイプは、イエローベースの中でも、暗い色、濃い色が似合います。オレンジやグリーン系が多く、低~中明度、低~中~高彩度まで、バリエーションに富んでいます。ブラウン、モスグリーン、レンガ色、辛子色、オリーブなど、深みのある暖かな色が得意です。下記のポイントをおさえると、色の選択肢が増え、おしゃれの幅が広がります。
  • 白……オイスターホワイト、生成り色、アンティークホワイト
  • ベージュ……くすんだベージュ、落ち着いたキャメル
  • ブラウン……コーヒーブラウン、ダークチョコレートブラウン、マホガニー
  • グレー……オリーブグレー、黄みや緑みを帯びた濃いめのグレーなど、ニュアンスのあるグレー
  • ネイビー……緑みを帯びた鈍い鉄紺、黄みを帯びた紺色
  • 赤……オレンジレッド、ダークトマトレッド、錆びた鉄色ラスト
  • ピンク……くすんだサーモンピンク、濃いピーチピンク
  • オレンジ……スパイシーなオレンジ、パンプキン、テラコッタ
  • 黄色……イエローゴールド、マスタード、ゴールドなど、深みを渋みのある黄色
  • 緑……オリーブグリーン、モスグリーン、フォレストグリーンなど、迷彩柄にあるようなグリーンはよく似合う。ジェイドグリーン、シャルトルーズなども。
  • 青……ティールブルー、ターコイズのような黄みがかった深みのあるブルー、紫みを帯びた濃いブルーなど個性的な落ち着いた青は似合う。
  • 紫……ディープバイオレット
オータムタイプの方は、似合う色を身につけると、肌の色に色みが増し、ゴージャスで大人っぽい雰囲気が引き立ちます。派手な原色よりも、少し黒が混じった濃い色を着ると、華やかになり、地味な印象の中間色を身につけると、顔の輪郭が引き立ち、肌の調子も滑らかに整います。

ファッションの配色とイメージ

深みのある暖かな色が似合うオータムタイプは、落ち着いた雰囲気が漂うシックなスタイルが得意。ナチュラル、シック、ゴージャスなイメージが似合います。暗い色を着ても地味にならず、深みのある色に、強い色でアクセントをつけるコーディネートが得意。軽すぎる感じや子どもっぽい雰囲気は苦手。手を抜くと地味に見えるので、知的でさりげない計算されたスタイルがおすすめです。

■ビジネススタイル
オータムタイプの男性におすすめしたい、ビジネススタイルの配色例

オータムタイプの男性におすすめしたい、ビジネススタイルの配色例

オータムタイプは、ビジネススーツの定番色ネイビーやグレーはやや苦手です。ドレスコードに制約がなければ、ブラウンやベージュをワードローブに加えてもよいでしょう。Vゾーンに、ベージュ、ブラウン、グリーン系を取り入れると、洗練された大人の雰囲気が漂います。凝ったデザインが似合うので、多色づかいのネクタイもおすすめです。

上図の左は、鉄紺のスーツに、オイスターホワイトのシャツ、シャルトルーズのネクタイの配色例。右は、オリーブグレーのスーツに、ウォームベージュのシャツ、オレンジレッドのネクタイの配色例です。

スーツの生地は、ツイード、ウール、ギャバジン、ヘリンボーンなど、重厚感のあるタフな素材が似合います。ネクタイは、ペイズリー柄、ストライプ柄など、多色づかいの凝ったデザインがおすすめ。革小物は、ダークブラウンやマホガニーで落ち着いた雰囲気に。シルバーよりも、光沢をおさえたアンティークゴールドがが似合います。

■休日スタイル
オータムタイプの男性におすすめしたい、休日スタイルの配色例

オータムタイプの男性におすすめしたい、休日スタイルの配色例

オータムタイプの休日スタイルは、チノパンやミリタリーパンツなど、ベージュやカーキを基調とした、ラフなスタイルが似合います。デニムは、素材感は似合うので、暗く濁ったブルー系を選ぶとよいでしょう。

上図の左は、キャメルのボトムに、コーヒーブラウンとライムグリーンのトップスを組み合わせたナチュラルな配色例。右の配色例は、カーキのボトムに、ティールブルー、ウォームベージュのトップスを組み合わせ、リッチカジュアルな雰囲気を演出しました。

休日スタイルは、コーデュロイ、スエード、ツイード、デニム、レザー、コットンなど、素材の選択肢が広がりますが、重厚感があり、ラフな手触りのものがおすすめです。

避けたほうがよい苦手色は?

オータムタイプは、青みがかったブルーベースの色、鮮やかすぎる色、明るい色、淡い色が苦手です。

オータムタイプの方が、その他のタイプの色を着ると……
  • スプリングタイプの色……軽すぎて、浮いてしまう。
  • サマータイプの色……寂しげで、地味な印象になる。
  • ウィンタータイプの色……派手すぎて、浮いてしまう。
パーソナルカラーの4つの基本タイプの中で、黒が似合うのはウィンタータイプだけです。オータムタイプの方が黒をお召しになるときは、掠れたような素材を選んだり、黒地にブラウンやグリーンなどが混じった織地を選ぶとよいでしょう。お顔まわりにはオータムタイプの色を合わせ、シックな印象を醸し出すよう工夫しましょう。

苦手な色は、お顔まわりは避けて、分量を少なめに取り入れのが賢明です。しかし、ひと工夫することによって、「ハズし」「抜け感」「こなれ感」といった効果が生まれ、より一層魅力的なコーディネートとなる場合もあります。自分に似合う色がわかるからこその高度な配色テクニックです。皆さんもパーソナルカラーを学び、おしゃれの幅を広げてみませんか。

※色見本は、ブラウザやディスプレイによって見え方が異なります。
※オータムタイプに似合う色の一例です。オータムタイプの特徴をとらえる指針としてご活用ください。
※パーソナルカラーの効果を実感したい方、詳しいアドバイスを受けたい方は、カラードレープをつかった診断を受けることをおすすめします。



>>>もう一度診断する


男性編の他のタイプも見る

女性編も見る
【ガイドからお知らせ】
ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを実施しています。匿名でご回答いただけますので、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に反映させていただきます。
ガイドの最新情報は、All About公認ガイドブログFacebookページTwitterをご覧ください。

【関連記事】

【カラー&スタイル監修】
ガイドが監修したパーソナルカラーのコンテンツの一部をご紹介します。

保存