サマータイプの特徴と似合う色

サマータイプは、上品で穏やかな雰囲気の持ち主。水色、ラベンダー、明るいネイビー、オフホワイト、ベビーピンクなどが得意です。

サマータイプは、上品で穏やかな雰囲気の持ち主。水色、ラベンダー、明るいネイビー、オフホワイト、ベビーピンクなどが得意です。

サマータイプは、きめ細やかなふわっとした肌、やわらかくさらりとした髪、涼しげでソフトな瞳の持ち主。顔立ちはソフトで優しい印象で、上品でしっとりとした雰囲気を醸し出すタイプです。控えめでエレガントな感じが魅力ですが、おしゃれでモダンなスタイルも似合います。

パーソナルカラーの4つの基本タイプは、黄みがかった色が似合うイエローベース(スプリングタイプとオータムタイプ)と青みがかった色が似合うブルーベース(サマータイプとウィンタータイプ)に分類されます。

サマータイプは、ブルーベースの中でも、優しいパステルカラー(中明度・中彩度)、ソフトな中間色(中明度・低~中彩度)が似合います。水色、ラベンダー、明るいネイビー、オフホワイト、ベビーピンクなど、爽やかで涼しげな色が得意です。下記のポイントをおさえると、色の選択肢が増え、おしゃれの幅が広がります。

  • 白……黄みがかっていない柔らかな印象のオフホワイト
  • ベージュ……スモーキーなローズベージュ
  • ブラウン……ピンクみを帯びたココア、ローズブラウン
  • グレー……明るめのブルーグレーなど、スモーキーなグレーはよく似合う
  • ネイビー……スモーキーなグレイドネイビー、ネイビーはよく似合う
  • 赤……スイカのような明るく澄んだ赤、バーガンディ、ラズベリーなど深めの赤も似合う
  • ピンク……パウダーピンク、ローズピンク、ディープローズ、青みの強いオーキッド、モーヴ、ソフトフューシャなど、似合うピンクは多い
  • 黄色……青みの強いパステルレモンイエロー
  • 緑……ミントグリーン、青みが強い爽やかなブルーグリーンは似合う
  • 青……パウダーブルー、スカイブルー、パステルアクア、グレイブルーなど、白やグレーが混ざったパウダリーな青が似合う。
  • 紫……ラベンダー、紫陽花のようなニュアンスのある紫、赤みのあるプラムなど、似合う紫は多い
サマータイプの方は、似合う色を身につけると、顔色が白く、すっきり見えます。地味な印象の中間色を身につけると、肌の調子を滑らかに整い、輪郭の立体感が引き立ちます。

ファッションの配色とイメージ

爽やかなで涼しげな色が似合うサマータイプは、穏やかで上品なスタイルが得意。エレガント、ノーブル、シンプルなイメージが似合います。ブルー系やグレー系を着ても地味にならず、ソフトなグラデーション配色が得意。ラフなスタイル、ワイルドなテイストはだらしなく見えるので、くずしすぎず、どこか優雅できちんとした印象を醸し出すスタイルがおすすめです。

■基本スタイル
サマータイプの女性におすすめしたい、基本スタイルの配色例

サマータイプの女性におすすめしたい、基本スタイルの配色例

サマータイプは、フェミニンで優雅なスタイルが似合います。優しく品のよい、しっとりとした雰囲気を意識すると、さらに素敵に見えます。ポップで派手な感じ、ラフでワイルドなスタイルもだらしなく見えますが、手を抜くとやぼったくなることもあります。くずしすぎず、きちんとした感じを意識すると、好感度が高まります。

上図の左は、ラズベリー、ローズピンク、パウダーピンクの配色例。甘いピンクに、ラズベリーを加えて、あでやかな印象を演出しました。上品なレースづかいや透け感のある素材にすると、優しげな雰囲気が漂います。

中央は、ラベンダー、ソフトホワイト、ミディアムブルーの配色例。ソフトでニュアンスのあるブルーに、ラベンダーを差し色にすると、知的で洗練された雰囲気を演出することができます。シルクやアンゴラウールなど、ソフトな素材を選ぶとよいでしょう。

右は、ブルーグレー、ローズベージュ、ココアの配色例。ブルー系やグレー系が得意なサマータイプが茶系を着るなら、ココアがおすすめ。実用的でかっちりとした装いは、ビジネスシーンにぴったりです。

避けたほうがよい苦手色は?

サマータイプは、黄みがかったイエローベースの色、鮮やかな色、極端に淡い色が苦手です。

サマータイプの方が、その他のタイプの色を着ると……

スプリングタイプの色……顔色が悪くなり、しつこく感じられる。
オータムタイプの色……顔色が悪くなり、重く感じられる。
ウィンタータイプの色……きつすぎて、色に負けて浮いた印象になる。

パーソナルカラーの4つの基本タイプの中で、黒が似合うのはウィンタータイプだけです。サマータイプの方が黒をお召しになるときは、柔らかな素材を選んだり、黒地にパウダリーなブルーやグレーなどが混じった織地を選ぶとよいでしょう。お顔まわりにはサマータイプの色を合わせ、華やかになるよう工夫しましょう。

また、オレンジが似合うのはイエローベースで、ブルーベースの方は苦手です。サマータイプの方がオレンジをお召しになると、黄みが強すぎて顔色が悪く見えます。

苦手な色は、お顔まわりは避けて、分量を少なめに取り入れのが賢明です。しかし、ひと工夫することによって、「ハズし」「抜け感」「こなれ感」といった効果が生まれ、より一層魅力的なコーディネートとなる場合もあります。

サマー以外のタイプの色を組み合わせるときは?

サマータイプの女性におすすめしたい、サマー以外のタイプの色を組み合わせた配色例

サマータイプの女性におすすめしたい、サマー以外のタイプの色を組み合わせた配色例

■スプリングタイプの色を組み合わせる
上図の左は、ライトレモンイエロー、ライトブルーグレーに、スプリングタイプのアプリコットを組み合わせた配色例。スプリングとサマーは、ソフトで明るい色や素材が似合うという共通点があります。エレガントな雰囲気を損なわないよう、スプリングタイプの中でも、清潔感のある淡い色を選ぶとよいでしょう。

■オータムタイプの色を組み合わせる
中央は、ミントグリーン、パウダーブルーに、オータムタイプのコーヒーブラウンを組み合わせた配色例。オータムタイプの色は、サマータイプのお顔を暗くくすませるので、お顔まわりを避けて、分量を少なめにするようにしましょう。

■ウィンタータイプの色を組み合わせる
右は、ラベンダー、ローズに、ウィンタータイプのロイヤルパープルを組み合わせた配色例。サマーとウィンターは、どちらもブルーベースなので、コーディネートしやすいのですが、ソフトな印象になるよう工夫しましょう。

異なるタイプの色の組み合わせは、自分に似合う色がわかるからこその高度な配色テクニックです。皆さんもパーソナルカラーを学び、おしゃれの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

>>>次のページでは、サマータイプの方に似合うヘアメイクの色をご紹介します!