パーソナルカラー(その人に似合う色)とは?

ヘアメイクやファッションの色によって、肌の透明感が上がったり、血色よく見えたり……。身につける色によって、肌や瞳の色が違って見えることがあります。

ヘアメイクやファッションの色によって、肌の透明感が上がったり、血色よく見えたり……。身につける色によって、肌や瞳の色が違って見えることがあります。

皆さんは、ご自分に似合う色をご存知ですか?

リップカラーの新色をつけたモデルがとても素敵だったので、自分もつけてみたけれど、なんだか顔色が悪く見えた……。皆さんもご経験があるのではないでしょうか。

好きな色だからといって、ご自分に似合うとは限りません。特に、メイクやヘアカラー、ファッションやアクセサリーなど、お顔まわりにもってくる色は、肌色の見え方、顔立ちや瞳の印象を大きく左右します。肌や瞳の色が一人一人違うように、人それぞれ似合う色があります。

「あなたには情熱的な赤よりも、知的な青が似合う」というように、その人のイメージに合う色も大切ですが、パーソナルカラーは少し違った見方をします。「あなたには、オレンジみの赤が似合います」「あなたには、スカイブルーのような爽やかな青が似合います」というように、色み(色相)、明るさ(明度)、鮮やかさ(彩度)の傾向を細やかに見ていきます。
 

パーソナルカラーの効果

左右の肌色は全く同じ色ですが、左よりも右の方が、透明感のある肌色に見えます。同時対比といって、ピーチピンクとパステルピンクが、肌色の見え方に影響を与えています。

左右の肌色は全く同じ色ですが、左よりも右の方が、透明感のある肌色に見えます。同時対比といって、ピーチピンクとパステルピンクが、肌色の見え方に影響を与えています。

パーソナルカラーを身につけると、次のような効果があります。

  1. 肌の透明感が増し、血色よく、顔色が明るく見える。
  2. シミや皺など、トラブルが目立たなくなる。
  3. フェイスラインなど、顔立ちがすっきり見える。
  4. 瞳がきれいに見える。
  5. パーソナリティにあった魅力を引き出してくれる。


パーソナルカラーの4つの基本タイプ

パーソナルカラーの4つの基本タイプには、四季(春夏秋冬)の名前がついています。4つのタイプのカラーパレットには、レッド、ピンク、イエロー、グリーン、ブルー、パープル、ブラウン……があります。

パーソナルカラーの4つの基本タイプには、四季(春夏秋冬)の名前がついています。4つのタイプのカラーパレットには、レッド、ピンク、イエロー、グリーン、ブルー、パープル、ブラウン……があります。


対面型のパーソナルカラー診断では、100色を超えるカラードレープ(布)をつかって、お顔うつりの良し悪しを見ていきます。パーソナルカラーの4つの基本タイプに照らし合わせながら、その人に似合う色・似合わない色の傾向をとらえていきます。

上図で示したように、スプリング(春)タイプとオータム(秋)タイプは、黄みがかった色が似合うイエローベース、サマー(夏)タイプとウィンター(冬)タイプは、青みがかった色が似合うブルーベースと呼ばれます。

自分には赤は似合わないと思っているかたも、似合う赤があります。自分には青は似合わないと思っているかたも、似合う青があります。似合う色・似合わない色の傾向を把握した上で、その人の個性やライフスタイルに合ったスタイリングをご提案する……それがパーソナルカラーです。

まずは、あなたに似合う色は、パーソナルカラーのどのタイプなのかを把握するところから始めましょう。YES/NOにお答えいただくと、あなたのパーソナルカラーのタイプがわかります!


※男性の方は、記事「20秒で診断!パーソナルカラー(似合う色)診断 男性編」をご覧ください。