スプリングタイプの方の特徴

スプリングタイプのカラーパレットは、咲きほころぶカラフルな春の花々や、みずみずしい新緑のイメージ

スプリングタイプのカラーパレットは、咲きほころぶカラフルな春の花々や、みずみずしい新緑のイメージ

スプリングタイプの方は明るくキュートな印象で、いつまでも若々しい雰囲気を持っています。キラキラと輝くガラスのように澄んだ瞳のせいでしょうか、表情豊かな人が多いようです。

フレッシュ、キュート、ヘルシーといったキーワードを意識した、かっちりしすぎない明るく軽やかなコーディネートがおすすめです。

 

スプリングタイプのカラーパレット
WARM・BRIGHT・LIGHT

スプリングタイプに似合うのは、春風に誘われていっせいに咲きほころぶカラフルな春の花々や、みずみずしい新緑を思わせる色。

フルーツのようなイエローやオレンジ、澄んだグリーン系など、フレッシュで元気な色がおすすめです。どちらかというと派手な色がよく似合い、鮮やかな色を身につけてもすんなり着こなしてしまいます。イエローベース(黄みのある色)で、明るく透明感があり、鮮やかできれいな色を選びましょう。

■暖色系

スプリングタイプのカラーパレット(暖色系)

スプリングタイプのカラーパレット(暖色系)

赤は朱色系統の暖かい赤、ピンクは青みの少ない明るいサーモンピンクやコーラル、明るいオレンジ、黄色は明るいクリーム色からたんぽぽ色のような鮮やかな色までとてもよく似合います。

■寒色系

スプリングタイプのカラーパレット(寒色系)

スプリングタイプのカラーパレット(寒色系)

緑は新緑のような明るくフレッシュなイエローグリーン、青はティファニーのパッケージのような爽やかなアクアブルー、紫は鮮やかで暖かみのある紫、これらの色があなたの顔にイキイキとした輝きをもたらしてくれます。

■ベーシックカラー

スプリングタイプのカラーパレット(ベーシックカラー)

スプリングタイプのカラーパレット(ベーシックカラー)

スプリングタイプは派手な色は得意ですが、地味な色を着こなすのはどちらかというと苦手なタイプです。地味になりがちなベーシックカラーも明るい色を選ぶのがポイントです。白は黄みがかったクリアなアイボリー、ベージュは明るいミルクティーのようなベージュ、ブラウン系は明るいゴールデンブラウン、グレーは黄みが入った暖かみのあるグレーが似合います。

苦手な色は?

スプリングタイプの方が避けた方がよい色

スプリングタイプの方が避けた方がよい色

苦手な色は青みの強いブルーベースの色、濃く暗い色、くすんだ濁った色。顔色がくすんで不健康に見えがちなので、避けた方がよいでしょう。

苦手な色を身につけるのなら、えりぐりの大きくあいたデザインを選んだり、ボトムにもってきたりして、できるだけ顔から離して使うのが賢明です。濃く暗い色は素材やデザインで軽やかさを演出すると、ある程度デメリットが緩和されます。お顔まわりやアクセントとなる小物などに似合う色を使って、全体のバランスを整えましょう。

次のページでは、スプリングタイプの方に似合うヘアメイクの色をご紹介します!