サマータイプの特徴と似合う色

サマータイプは、上品で穏やかな雰囲気の持ち主。水色、ラベンダー、明るいネイビー、オフホワイト、ベビーピンクなどが得意です。

サマータイプは、上品で穏やかな雰囲気の持ち主。水色、ラベンダー、明るいネイビー、オフホワイト、ベビーピンクなどが得意です。

サマータイプは、きめ細やかなふわっとした肌、やわらかくさらりとした髪、涼しげでソフトな瞳の持ち主。顔立ちはソフトで優しい印象で、上品でしっとりとした雰囲気を醸し出すタイプです。そばにいてほしいと思わせるような、優しさや包容力がありますが、いつも穏やかだからこそ、時折のぞかせる切れ味はとても魅力的に映ります。

パーソナルカラーの4つの基本タイプは、黄みがかった色が似合うイエローベース(スプリングタイプとオータムタイプ)と青みがかった色が似合うブルーベース(サマータイプとウィンタータイプ)に分類されます。

サマータイプは、ブルーベースの中でも、優しいパステルカラー(中明度・中彩度)、ソフトな中間色(中明度・低~中彩度)が似合います。水色、ラベンダー、明るいネイビー、オフホワイト、ベビーピンクなど、爽やかで涼しげな色が得意です。下記のポイントをおさえると、色の選択肢が増え、おしゃれの幅が広がります。
  • 白……黄みがかっていない柔らかな印象のオフホワイト
  • ベージュ……スモーキーなローズベージュ
  • ブラウン……ピンクみを帯びたココア、ローズブラウン
  • グレー……明るめのブルーグレーなど、スモーキーなグレーはよく似合う
  • ネイビー……スモーキーなグレイドネイビー、ネイビーはよく似合う
  • 赤……スイカのような明るく澄んだ赤、バーガンディ、ラズベリーなど深めの赤も似合う
  • ピンク……パウダーピンク、ローズピンク、ディープローズ、青みの強いオーキッド、モーヴ、ソフトフューシャなど、似合うピンクは多い
  • 黄色……青みの強いパステルレモンイエロー
  • 緑……ミントグリーン、青みが強い爽やかなブルーグリーンは似合う
  • 青……パウダーブルー、スカイブルー、パステルアクア、グレイブルーなど、白やグレーが混ざったパウダリーな青が似合う。
  • 紫……ラベンダー、紫陽花のようなニュアンスのある紫、赤みのあるプラムなど、似合う紫は多い
サマータイプの方は、似合う色を身につけると、顔色が白く、すっきり見えます。地味な印象の中間色を身につけると、肌の調子を滑らかに整い、輪郭の立体感が引き立ちます。

ファッションの配色とイメージ

爽やかなで涼しげな色が似合うサマータイプは、穏やかで上品なスタイルが得意。エレガント、ノーブル、シンプルなイメージが似合います。ブルー系やグレー系を着ても地味にならず、ソフトなグラデーション配色が得意。ラフなスタイル、ワイルドなテイストはだらしなく見えるので、くずしすぎず、どこか優雅できちんとした印象を醸し出すスタイルがおすすめです。

■ビジネススタイル
サマータイプの男性におすすめしたい、ビジネススタイルの配色例

サマータイプの男性におすすめしたい、ビジネススタイルの配色例

サマータイプは、ビジネススーツの定番色ネイビーやグレーは得意です。ドレスコードに制約がなければ、ブラウンやベージュをワードローブに加えてもよいでしょう。Vゾーンはコントラストをつけすぎず、穏やかなグラデーションを意識するとよいでしょう。爽やかなで涼しげな色を選び、上品なスタイリングを心がけるとよいでしょう。

上図の左は、グレイドネイビーのスーツに、パウダーブルーのシャツ、バーガンディのネクタイの配色例。右は、ライトブルーグレーのスーツに、オフホワイトのシャツ、ココアのネクタイの配色例です。

スーツの生地は、ソフトウール、アンゴラウール、カシミヤ、シルクなど、柔らかく上品なものが似合います。ネクタイは、小さなドット柄、細めのストライプ柄、小紋柄など。革小物は、柔らかいブラックやローズブラウンですっきりと。ゴールドよりも、繊細なシルバーやプラチナが似合います。

■休日スタイル

サマータイプの男性におすすめしたい、休日スタイルの配色例

サマータイプの男性におすすめしたい、休日スタイルの配色例

サマータイプの休日スタイルは、デニムのブルーを中心にしたきれいめのスタイルがおすすめ。ソフトな素材、ポップすぎないデザインのアイテムを組み合わせて、適度にくだけた雰囲気で着こなしましょう。

上図の左は、ライトブルーグレーのボトムに、ミディアムブルーとミントグリーントップスを組み合わせた爽やかな配色例。右の配色例は、ローズベージュのボトムに、ローズ、パステルピンクのトップスを組み合わせ、甘くソフトなイメージを演出しました。

休日スタイルは、ジャージー、ポリエステル、ウール、コットン、ニットなど、素材の選択肢が広がりますが、軽やかで柔らかいものがおすすめです。

避けたほうがよい苦手色は?

サマータイプは、黄みがかったイエローベースの色、鮮やかな色、極端に淡い色が苦手です。

サマータイプの方が、その他のタイプの色を着ると……
  • スプリングタイプの色……顔色が悪くなり、しつこく感じられる。
  • オータムタイプの色……顔色が悪くなり、重く感じられる。
  • ウィンタータイプの色……きつすぎて、色に負けて浮いた印象になる。
パーソナルカラーの4つの基本タイプの中で、黒が似合うのはウィンタータイプだけです。サマータイプの方が黒をお召しになるときは、柔らかな素材を選んだり、黒地にパウダリーなブルーやグレーなどが混じった織地を選ぶとよいでしょう。お顔まわりにはサマータイプの色を合わせ、華やかになるよう工夫しましょう。

また、オレンジが似合うのはイエローベースで、ブルーベースの方は苦手です。サマータイプの方がオレンジをお召しになると、黄みが強すぎて顔色が悪く見えます。

苦手な色は、お顔まわりは避けて、分量を少なめに取り入れのが賢明です。しかし、ひと工夫することによって、「ハズし」「抜け感」「こなれ感」といった効果が生まれ、より一層魅力的なコーディネートとなる場合もあります。自分に似合う色がわかるからこその高度な配色テクニックです。皆さんもパーソナルカラーを学び、おしゃれの幅を広げてみませんか。

※色見本は、ブラウザやディスプレイによって見え方が異なります。
※サマータイプに似合う色の一例です。サマータイプの特徴をとらえる指針としてご活用ください。
※パーソナルカラーの効果を実感したい方、詳しいアドバイスを受けたい方は、カラードレープをつかった診断を受けることをおすすめします。


>>>もう一度診断する

男性編の他のタイプも見る

女性編も見る

【ガイドからお知らせ】
ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを実施しています。匿名でご回答いただけますので、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に反映させていただきます。
ガイドの最新情報は、All About公認ガイドブログFacebookページTwitterをご覧ください。ガイドの著書もご参考に。

【関連記事】

【カラー&スタイル監修】
ガイドが監修したパーソナルカラーのコンテンツの一部をご紹介します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。