色の基本を身につけましょう。

色の基本を身につけましょう。

日本では、虹の色の数は一般的に7色と言われますが、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の色の帯が並んでいるわけではなく、境界はグラデーションになっています。

例えば、赤と言っても、トマトのようにオレンジみの赤もあれば、ワインレッドのように青みがかった赤、マホガニーのような深い赤など、実に様々な色があります。人間が見分けられる色は、約100万色と言われます。

カラーコーディネートは、色彩を整理・分類することから始まります。ファッションやインテリアといった身の回りにある色も整理・分類し、傾向を把握しておくと、自分の色彩の好みを確認できますし、色を効果的に活用しやすくなります。

色は、色相(色み、いろあい)、明度(明るさの度合い)、彩度(鮮やかさの度合い)の三つの属性によって分類することができます。昔、美術の授業で習ったような内容かもしれませんが、色を上手に使うには、基本となる色の三属性(さんぞくせい)を理解することが早道です。

【CONTENTS】
Page1:饒舌な有彩色と寡黙な無彩色
Page2:スリムに見える色は重たく見える?明度と彩度の基本
Page3:イメージコントロールの決め手、澄んだ色と濁った色

饒舌な有彩色と寡黙な無彩色

有彩色は、暖色系、寒色系、中性色系に分類されます。

有彩色は、暖色系、寒色系、中性色系に分類されます。

色は、赤、黄、緑……のような有彩色と、白、黒、グレーの無彩色に分類することができます。カラー写真は饒舌に見る人の感情に働きかけ、白黒写真は寡黙ですが存在感が感じられるのではないでしょうか。
無彩色はもの静かでありながら、存在感があります。

無彩色はもの静かでありながら、存在感があります。


■有彩色:積極的なイメージの暖色と控えめなイメージの寒色
有彩色の中で、最も鮮やかな色を純色といいます。

有彩色の中で、最も鮮やかな色を純色といいます。

赤、黄、緑……というような色みの違いを色相(しきそう)といいます。最も鮮やかな純色(じゅんしょく)を24色、並べましたが、色相の変化は境目のない連続的なものとなります。

色相の違いは、暖かい色、冷たい色というように、色の寒暖感と結びついています。赤・オレンジ・黄色は、見た目に暖かく感じるので暖色系、青・青紫は見た目に冷たく感じるので寒色系、緑・紫は見た目に暖かくも冷たくも感じないので中性色系と呼びます。

有彩色は、見た目に進出して見える色もあれば、後退して見える色もあります。

有彩色は、見た目に進出して見える色もあれば、後退して見える色もあります。

飛び出る色、引っ込む色という色の進出・後退効果も、色の寒暖感とほぼ同じで、暖色は進出色、寒色は後退色とされています。上図は、黒い背景に、先ほどの24色相を並べたものです。進出・後退効果がよくわかりますね。

また、暖色系は積極的なイメージ、寒色系は控え目なイメージ、中性色は穏やかなイメージを与えます。 色が与えるイメージを活用することも、カラーコーディネートの基本です。

■無彩色:明るさのグラデーション
明度のグラデーションをつくると、境界線が強調されます。

明度のグラデーションをつくると、境界線が強調されます。

色みを持つ色を有彩色と言うのに対して、色みを持たない、黒、グレー、白を無彩色といいます。上図のグラデーションの境界部分に注目してみてください。隣あう色の境界線が強調されて見えることに、お気づきでしょうか。下図は上図のグラデーションを、2色づつ切り離したものです。境界線の見え方が違っていますよね。

これは、縁辺対比(えんぺんたいひ)と呼ばれる現象で、上図のように3つ以上の明度(明るさ)の違う色でグラデーションを作ると、境界線に沿って明るさの差が強調されて見えます。このように、色は組み合わせ方によって見え方が様々に変化します。

次は、スリムに見える色は重たく見える?
明度と彩度の基本を確認しましょう。