風水は環境学と言われるように、方位と色が重要な役割を担っています。大掃除をして、新しい年を迎えるこれからの季節、風水の考え方を取り入れて、よい運気を導いてはいかがでしょうか。今回は、各方位が象徴する五行と色と運気をご紹介します。

風水における「陰陽」と「五行説」

古代中国では、地球をめぐり、さまざまな場所で噴出している「気」というエネルギーをいかに上手に扱うかが研究されていました。「気」とは、大地に充満するエネルギーのようなもの。風水における「気」は、「陰の気」と「陽の気」の2種類に大別されます。例えば、地と天、暗と明、死と生、女と男、夜と昼、旧と新、裏と表というように、どちらが優れているということはなく、あらゆるものは「陰」と「陽」の調和によって成り立っています。
  
風水とは、目には見えない「陰陽」のバランスを判断し、よりよい変化へと導くために、環境を整える指針を示したもの。自然と調和しながら、無理なく幸せな生活をおくるために、知恵の積み重ねから生まれた環境学です。

五行とは、変化の中における過程

五行(木・火・土・金・水)には、それぞれを生かす方位があります。

五行(木・火・土・金・水)には、それぞれを生かす方位があります。

五行(木・火・土・金・水)は、五色(青(緑)・紅・黄・白・玄(黒))、五方(東・南・中央・西・北)、五時(春・夏・土用・秋・冬)など、あらゆるものに配当されています。単に5つの基本要素(エレメント)というだけでなく、変化の中における5つの状態、運動、過程というとらえ方もされます。風水における五行と方位は、次のような関係となっています。

「木」の方位……「東」「東南」
「火」の方位……「南」
「土」の方位……「南西」「中央」「北東」
「金」の方位……「西」「北西」
「水」の方位……「北」

まずは、「木」の方位と相性のよい色からご紹介します。