15分レシピ 洋風常備菜ラタトゥイユ

所要時間:15分

カテゴリー:サブのおかずラタトゥイユ

 

トマト料理を簡単にする調味料「トマトジュース」

ラタトゥイユのレシピは多々ありますが、お手軽レシピでは、時間と手間をセーブするため、トマトジュースで作ります。(以前、トマトジュースで作る【10分でできる 簡単ミネストローネ】を紹介しました) 旨味が凝縮されたジュースは、煮込み料理に便利です。というのも、調味料がわずかで済み、何より失敗なく、美味しくできるのが嬉しいところ。

夏野菜をたっぷり摂れるラタトゥイユは、週末、作り置きすると重宝します。色々な料理に使えるので、レシピの倍の量で作っても大丈夫。ブルスケッタやパスタはもちろん、塩コショウでグリルした、チキンや魚のソテーに、シンプルなオムレツにも。ラタトゥイユのソースで、彩り、味わいともにアップ。洋風常備菜ラタトゥイユがあれば、忙しい夜でも、時間と手間をかけずして、ちょっとオシャレなビストロ風ディナーが楽しめますよ。

これからもトマトジュースを使った料理を紹介していきますね。
【15分レシピ お手軽ミートソース】……おなじみミートソースもトマトジュースで15分。でもその出来は15分で作った味にあらず!

洋風常備菜ラタトゥイユの材料(2~3人分

洋風常備菜ラタトゥイユの材料
パプリカ 1個(赤・黄1/2個ずつ)
ズッキーニ 1/2本(大)※中であれば1本。
なす 1本(大)※小~中であれば2本。
たまねぎ 1/2個
小さじ1
トマトジュース 300cc※野菜がひたひたになる位の分量で。
はちみつ 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1

洋風常備菜ラタトゥイユの作り方・手順

洋風常備菜ラタトゥイユの作り方

1:

野菜を1~1.5センチ角に切ります。
同じサイズに揃っていると、出来上がりが美しいです。

2:

鍋にオリーブオイルを入れ、中火にかけます。野菜を入れ、塩をふります。全体に油がまわり、しんなりするまで炒めます。

3:

トマトジュース、はちみつを加え、時々混ぜながら、約10分煮込みます。汁気が飛んだら、出来上がりです。
煮込む時間は目安です。水分がなくなったら、火を止めてください。

4:

タッパーにいれ、冷蔵庫で保存すれば、3、4日は美味しくいただけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

はちみつがトマトの酸味をやわらげてくれます。トマト料理の短時間調理には、はちみつ使いがおすすめです。野菜はお好みで。セロリやインゲン、きのこなども美味。ジュースの量は目安です。野菜がひたひたになるよう、加えればOKです。ニンニクやハーブを加えれば、より香り良く仕上がります。お好みでどうぞ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。