ブーツは冷えやむくみの原因になったり、不安定な歩き方になりやすい

秋冬大活躍のブーツ

秋冬大活躍のブーツ

秋冬のオシャレばかりではなく、最近は、夏のファッションにも欠かせない「ブーツ」。季節を問わず、ブーツを楽しむ女性が急増しています。

でも、ブーツをはくと、午後には脚がパンパンにむくむ、ブーツの中は温かいはずなのに、つま先が冷えてしまう、そんな経験はありませんか?

それは、ブーツで足首が固定されてしまうためなんです!試しに、ブーツを履いたまま、足首を回してみて下さい。とても動かしにくい事がわかると思います。

このように、足首が固定された状態での歩行は、足裏全体が使えず、ふくらはぎなどの筋肉が動かせなくなり、本来ふくらはぎが持っている血液やリンパ液を上半身に押し戻す力が弱まります。
そのため、正しいウォーキングの効果が得られず、結果、むくみや冷えを引き起こす可能性が高いのです。

また、足首が固定されていると、歩くときの体重移動が上手に行えず、足の指も上手に使いにくいため、全身のバランスを崩したり不安定な歩き方になってしまいます。



ブーツと普通の靴との比較

まずは、足首の動きを、画像で比較してみましょう。

足首が良く使えています

足首がよく使えています

通常の靴では、前側の足のつま先がしっかりと上がり、かかとで着地できているのがわかります。
また後ろ側の足の指先まで使い、地面を押し出して体重を移動させています。
こういった歩き方をすれば、下半身の筋肉がよく使われていますのでダイエット効果が期待できます。


ブーツでは足首が使えていない

ブーツでは足首が使えていない

ブーツで歩く場合、左の写真のように、前側の足のつま先が上がりにくく、後ろ側の足も使えていない状態です。
ブーツでは足首が自由に動いていない事がわかります。
これでは、足裏全体を使えず、ふくらはぎや太ももの筋肉も動いていないので、ダイエット効果が期待できません。