トスカーナの定番サラダ パンツァネッラ

所要時間:30分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

トスカーナの郷土料理は固くなったパンが主役

イタリアの花の都、フィレンツェがある州がトスカーナ。このトスカーナのパンは塩気がなく、すぐに固くなることで有名。なので、この固くなったパンを再利用するレシピがトスカーナにはとても多いのです。日本でも、バゲットなどは数日すると固くなり、食べられなくなってしまいがちですが、その再利用方法として「パンツァネッラ」はいかがでしょうか? 固くなったパンを使用するからこそ美味しい、サラダディッシュに変身です!

パンツァネッラの材料(パンツァネッラ

パンツァネッラの材料
バゲット 1/2本
トマト 大1個(中2個)
きゅうり 1/2本
紫たまねぎ 1/4個(アーリーレッド)
バジル 4~5枚
エクストラバージンオリーブオイル 大さじ3杯
赤ワインビネガー 大さじ2杯
小さじ1/2杯
こしょう 適宜
バゲットは固くなった状態のものがベストです。袋に入れないで、そのまま空気にさらしておくと固くなります。

パンツァネッラの作り方・手順

パンツァネッラの作り方

1:固くなったパンを包丁で切る

固くなったパンを包丁で切る
固くなったパンは、包丁で1cm幅に切り、バットに並べ、水250cc(分量外)と大1/2杯の赤ワインビネガーに20分程浸ける。

2:切った野菜に、塩、こしょう、赤ワインビネガーを加える

切った野菜に、塩、こしょう、赤ワインビネガーを加える
皮を湯むきしたトマトは半分に切り、種を取り除いて1cmのダイスカットにする。アーリーレッドは薄くスライスして水にさらす。きゅうりは薄い輪切りにする。全部をボウルに入れ、塩、こしょう、赤ワインビネガーを混ぜ合わせる。

3:ふやかしたパン、バジリコ、オリーブオイルを加えて寝かせる

ふやかしたパン、バジリコ、オリーブオイルを加えて寝かせる
1のふやかしたパンを手で崩しながら、2のボウルに入れ、手でちぎったバジリコを入れ、オリーブオイルも入れて、ざっくり混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分程味が馴染むように寝かせて、皿に盛りいただく。

ガイドのワンポイントアドバイス

余って固くなったバゲットは、フードプロセッサーを使用して、パン粉としても再利用できます。お好みでスライスセロリ、フェタチーズなどを加えても美味しくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。