夏野菜もりだくさんのラタトゥイユ

所要時間:45分

カテゴリー:サブのおかずラタトゥイユ

 

夏野菜もりだくさんのラタトゥイユ

ギラギラと照りつける太陽の下で育った夏野菜を、ふんだんに使ったトマトベースの煮込み料理がラタトゥイユです。野菜の水分だけで煮込んでいるので、野菜の素材そのものを味わいつくすことができる一皿です。

夏野菜のラタトゥイユの材料(4人分

夏野菜のラタトゥイユの材料
たまねぎ 1個
トマト 2個
パプリカ (赤パプリカ)1個
なす 2本
ズッキーニ 1本
ニンニク 1片
オリーブオイル 大さじ1
タイム 小さじ1
赤ワイン 大さじ1
小さじ1

夏野菜のラタトゥイユの作り方・手順

夏野菜のラタトゥイユの作り方

1:

野菜を切ります。にんにくはみじん切り、(※ここがポイント!)たまねぎは縦の細切りに、パプリカは一口大に、なすは輪切りに、ズッキーニは輪切りに、トマトは一口大に切ります。
同じくらいの大きさにしておくと、均等に味が染み込みます。

2:

大きめの鍋にオリーブ油をひき、ニンニクを弱火で炒め、香りを油になじませます。たまねぎを中火でしんなりする程度に炒め、ズッキーニ、なすの順に炒め、タイムを加えます。
ズッキーニは実が固く、火が通りにくいのでなすより先に炒めます。

3:

パプリカを加えて炒め、しんなりしたらトマトを加えます。塩で味付けをし、赤ワインを加え、ふたをして15分間、弱火で煮込みます。

4:

味をみて、塩気が足りないようなら塩で味付けを調整してください。その後、野菜の水分を飛ばすため、ふたを開けて中火にします。

5:

水分が飛んだらできあがり。野菜の水分が抜けて、くたくたになっています。これをお皿に盛り付けます。

ガイドのワンポイントアドバイス

野菜は同じくらいの大きさに切るのがポイントです。大きいものが混じっていると、火が通りにくくなってしまいます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。