税金等の負担は支出の約11%

今月も6万円の赤字。税金がもう少し安くならないかしら……。

今月も6万円の赤字。税金がもう少し安くならないかしら……。

総務省の「家計調査報告(家計収支編)―平成29年(2017年)平均速報結果の概況―」によると、高齢世帯の1カ月の家計収支は以下のとおりです。

◇高齢無職世帯(世帯主が60歳以上)

実収入:20万4587円
支出:26万5634円

 (非消費支出(注1)2万7952円、消費支出23万7682円)

毎月6万1046円の赤字です。税金や社会保険料など、消費者の自由にならない非消費支出は支出の10.5%を占め、赤字6万1046円の約46%に相当します。

続いて、高齢無職世帯の中でも、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの家計収支をみてみましょう。

◇高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦)

実収入:20万9198円
支出:26万3717円
非消費支出 2万8240円、消費支出23万5477円)

高齢無職世帯に比べ収入が約5000円多く、支出は約2000円少なくなっています。毎月の赤字は5万4519円で、非消費支出は支出の10.7%、赤字の約52%に相当します。

(注1)非消費支出とは、税金(勤労所得税、住民税、固定資産税などの直接税や登録免許税など)や社会保険料(厚生年金掛金、健康保険料、共済組合掛金など)など消費者の自由にならない支出(「家計調査の仕組みと見方」総務省統計局より)

では、高齢夫婦無職世帯が納める税金や社会保険料とはどんなものか、次のページから見ていきましょう。