公立学校の先生たちがもらう退職金相場をチェック!

公立にも「小中一貫校」や「中高一貫校」があるんだ!

先生大好き!友達大好き!勉強大好き!学校楽しい~!


幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、各種学校、スタートしたばかりの義務教育学校など公立の学校は全国に約3万9000校あります。そんな公立学校の教師の平均的な退職金額を、都道府県、政令指定都市、市区町村ごとに調べました。

小学校・中学校の9割超が公立

日本には国立・公立・私立の幼稚園、幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、専修学校、各種学校が約5万5000校あります(短期大学、大学、高等専門学校は除外)。内訳は、国立265校、公立3万8695校、私立1万6509校です。

公立は小学校、中学校、高等学校、義務教育学校、中等教育学校、特別支援学校に多く、小学校の99%、中学校の92%、高等学校の73%、義務教育学校の93%、中等教育学校の58%、特別支援学校の95%を占めています。

【学校種別の国立・公立・私立の数】
○幼稚園 1万878園(国立49園、公立3952園、私立6877園)
○幼保連携型認定こども園 3673園(公立552園、私立3121園)
○小学校 2万95校(国立70校、公立1万9794、私立231校)
○中学校 1万325校(国立71校、公立9479校、私立775校)
○義務教育学校 48校(国立2校、公立46校)
○高等学校(全日制/定時制) 4907校( 国立15校、公立3571校、私立1321校)
○中等教育学校 53校(国立4校、公立31校、私立18校)
○特別支援学校 1135校(国立45校、公立1076校、私立14校)
○専修学校 3172校(国立9校、公立188校、私立2975校)
○各種学校 1183校 (国立0校、公立6校、私立1177校)
*上記以外に高等学校(通信制)250校(独立校107校、併置校143校)ある。

義務教育学校は「小学校と中学校の9年間の義務教育を一貫して行う学校」で平成28年度に新設されました。

中等教育学校は「中高一貫教育の課程で、前期中等教育(中学校などにおける教育)と後期中等教育(高等学校などにおける教育)を一貫して施すシステムをとる学校」(文部科学省)で、例えばお茶の水女子大学附属中学校、筑波大学附属中学校などがあります。

特別支援学校は「視覚・聴覚・知的障害者や肢体不自由者、虚弱者(身体虚弱者を含む)が通う学校」(文部科学省)です。

専修学校は、各種学校のうち一定の規模、水準を有し、組織的な教育を行う学校で、「「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図る」ことを目的とし、実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関」(文部科学省)です。看護専門学校や農業大学校、商科専門学校他が該当します。

各種学校は「和洋裁、簿記、珠算、自動車整備、調理・栄養、看護師、保健婦、理容、美容、タイプ、英会話、工業などをはじめとする各種の教育施設」(文部科学省)です。

※以上、データは文部科学省「平成29年度学校基本調査(確定値)――結果の概要」(文部科学省平成29年12月22日公表)より

公立教師の定年退職金額ランキングは次ページ>>