家にあるモノを使ってちょっと工夫するだけ!

赤ちゃんとひな祭りを祝ってみよう!

3月3日はご存じ「ひな祭り」です。今年が初節句の赤ちゃんも、ひな祭りが楽しみになってきたお姉ちゃんも、家族みんなで祝ってあげたいですね。でも今年のひな祭りは平日。

パパも帰りも遅くて、ついついいつものメニューですませてしまいそうですが、ちょっとした工夫で簡単にかわいいお寿司が作れます。まだ「7ヶ月だから離乳食じゃないと無理」という赤ちゃんだって、ひな祭りメニューを食べさせてあげたいですよね。

今回は、7ヶ月以降ならどんな月齢の子でも食べられて、彩りも豊かな「カップ寿司」のご紹介です。

ひな祭りの食卓

ひな祭りの色を入れると食卓も華やかに
ひな祭りに食べるモノとして、代表的なのが、ひし餅、ひなあられ、ちらし寿司、ハマグリのお吸い物なのがあげられます。

カラフルなものが多いですよね。これには、2つの意味があります。1つは「花」をあらわしています。3月3日は旧暦だとちょうど桃が咲く時期なので別名「桃の節句」と言われています。このことからひな祭りには桃などのお花を飾り、春をめでる風習があります。ひし餅が3色に分かれているのは、
白……雪
緑……新緑
ピンク……桃の花
を意味していると言われています。

もう一説には、緑を香りの強いヨモギなどで色づけることもあり、魔よけや健康を意味しているとも言われています。いずれにしても、このひな祭りの伝統色である「白・緑・ピンク」を大切に華やかな食卓にしたいですね。