イオン導入・導出とは?

ラメンテ オーロラシューティカルG7 イオン導入・導出両機能を搭載

ラメンテ オーロラシューティカルG7 イオン導入・導出両機能を搭載

イオン導入・導出の美顔器は、自分では落としきれない肌汚れを取ったり、有効成分を肌の真皮層まで届けてくれたりと、普段のお手入れの一歩先を叶えてくれます。

最近は両方の機能を兼ね備える機種が多いのも嬉しいところ。イオン導出をして余分なものを排除した肌に、イオン導入をすれば、見違えるほど肌にしっとり透明感が出てきます。

 

有効成分を肌に届けるイオン導入 

イオン導入後は水分たっぷりの肌質に

イオン導入後は水分たっぷりの肌質に

イオン導入は「針を使わない注射」と言われています。微弱な電流を流し、そのままでは皮膚から吸収しにくいビタミンCやプラセンタを皮膚の深部まで浸透させ、あらゆる肌トラブルを改善してくれます。

水溶性の有効成分をマイナスにイオン化して、マイナス同士の反発する力を利用して肌の奥深くまで浸透させます。 


 

イオン導入できる成分・できない成分

イオン導入を行う際には、肌に浸透させたい成分が含まれた導入材を使用します。一般的にオススメなのが「ビタミンC誘導体」か「プラセンタ」。一方「コラーゲン」「ヒアルロン酸」は粒子が大きいため、イオン導入には適しません。

導入材の形状としては、化粧水のような液状のものをセレクトします。乳液・クリームなどの油分の多いもの、粘度の高いジェルは導入では使用できません。ここでは「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」が肌にどんな働きをしてくれるのかまとめてみます。

■ビタミンC誘導体
人工的なビタミンCのこと。本来肌に吸収されにくいビタミンCを角質層へ浸透しやすくしています。メラニン色素の抑制、コラーゲン生成能力の向上、過剰な皮脂のコントロール、活性酸素を除去などに効果的で、次の様な肌悩み解決が望めます。
→肌のキメを整える・ニキビ/ニキビ跡改善・しみ/しわ予防・美白効果・老化防止

■ビタミンC誘導体の正しい選び方
厚生労働省により、商品名に「ビタミンC誘導体」という言葉を使うことが禁止されているため、パッケージに分かりやすく表記されているものが少ないのが現状です。成分表示を確認し、「ビタミンC誘導体」を表す下記の成分が入っているものを使用しましょう。
  • リン酸パルチミン酸アスコルビル3Na(APPSまたはアプレシエ)
  • リン酸アスコルビン酸Na(APS)
  • リン酸アスコルビルMg(APM)
  • テトラヘキシルデカン酸
  • アスコルビル(VCIP)
※参考:吉木伸子「本当に正しい大人のスキンケア 美容皮膚科医が教える美肌テクニック」主婦と生活社、29頁

■プラセンタ
株式会社スノーヴァ クラサ プラセンタ原液

株式会社スノーヴァ クラサ プラセンタ原液

「胎盤」のこと。タンパク質・炭水化物・脂質の3大栄養素をはじめ、アミノ酸・ミネラル・ ビタミンなど豊富な栄養素が含まれています。美白作用や保湿作用、メラニン色素の抑制、コラーゲン生成能力の向上、活性酸素の除去、などが期待でき、次の様な肌悩みにオススメです。
→しみ/しわ予防・そばかす予防・たるみ改善

 


イオン導入の注意点

導入材に防腐剤や香料などの添加物が入っていると、その成分まで一緒に肌の奥に届いてしまい、肌トラブルの原因にもなりかねません。なるべく無添加のものを選ぶなど、導入材選びは慎重に。

 

肌奥のよごれを落とすイオン導出

イオン導出をすれば導入準備もバッチリ

イオン導出をすれば導入準備もバッチリ

イオン導出では「導出」という文字通り、汚れを「みちびきだす」役割の、クレンジングができます。イオン導入とは逆にプラスのイオンの働きで、ファンデーションの微粒子など、毛穴につまったマイナスの性質の汚れを吸着します。

機種にコットンを付けて使用する場合が多く汚れの取れ具合が目で確認できます。ディープクレンジング効果でひときわ明るい透明感のある肌が感じられ、また有効成分が浸透しやすい肌に整えるので、イオン導入の準備として最適です。


イオン導入・導出系美顔器・使用レビュー

人気のイオン導入・導出系美顔器の使用レビューです。商品選びの参考にしてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。