健康課題の解決などに取り組む企業「リンクアンドコミュニケーション」が2020年に行った調査によると、1回目の緊急事態宣言に伴う外出自粛で「体重が増えた」と回答したのは約6割。中には10キロ近く太った人もいるそうです。さらにマスク生活が長引いたことで、表情筋が衰え、頬がたるんで老け顔になってしまった、という声も。

そんな悩みは家電の力を借りて解消しちゃいましょう。美容家電や健康家電に詳しい田中真紀子が、おすすめの美容・健康家電を3つ、ご紹介します。
 

1. EMSが頭筋や表情筋をピリリと刺激しリフトアップ!

ヤーマン・mysé(ミーゼ)シリーズの「スカルプリフト」。低周波EMSが頭筋や表情筋を刺激します。同時に赤色LEDによるケアも

ヤーマン・mysé(ミーゼ)シリーズの「スカルプリフト」。低周波EMSが頭筋や表情筋を刺激します。同時に赤色LEDによるケアも

最近、顔のもたつきが気になる、フェイスラインがぼやけてきた……と感じている人におすすめなのが、ヤーマンの「mysé(ミーゼ)」ブランドから登場した「スカルプリフト」。ブラシに搭載した電極ピンから低周波EMSが出力され、頭皮の土台となる頭筋や表情筋を刺激してくれます。

実は顔のたるみケアで重要なのが、この頭筋。頭と顔は1枚の皮でつながっているため、頭筋が凝り固まると、顔の筋肉を引き上げる力が低下し、結果として顔がたるんでしまうのです。この「スカルプリフト」は、ブラッシングするだけで低周波EMSが頭筋を引き上げケア! ピリピリとした刺激も心地よく、リフレッシュにもつながります。

さらにブラシを付け替えれば、表情筋や顔や首、デコルテのケアも可能。いずれも濡らした状態で使いますが、防水仕様なので入浴タイムに使うのがオススメです。EMSは一度のケアでも違いが出やすいので、オンライン会議の前にササッとケアするものいいですね。

▼ヤーマン・mysé(ミーゼ)「スカルプリフト」(実勢価格:3万3000円・税込)
https://www.myse.jp/products/scalp-lift.html
 

2. パワフルな振動がエクササイズ効果をアップ!

左右に大きく揺れるトレーニングモードと、毎分2500回振動するコンディショニングモードで全身をケアします

左右に大きく揺れるトレーニングモードと、毎分2500回振動するコンディショニングモードで全身をケアします

続いてご紹介するのは、ドクターエアの「3D スーパーブレード PRO」。上下に大きく振動するため、立っているだけでも筋肉が刺激され、ちょっとした運動に。自宅でのトレーニングに上手に取り入れれば運動効果がさらに高まり、気になるたるみも引き締めてくれます。

振動には、パワフルなトレーニングモード(上下振動)のほか、毎分2500回と小刻みに揺れるコンディショニングモード(微振動)を搭載。微振動は身体を弛緩させることができるため、トレーニング前後に使用すると、リカバリー効果が高まるとされています。テレワークで座りっぱなしが気になるときに足を載せるだけでもスッキリしますよ。

ストレッチやエクササイズに振動を加えると、より運動効果アップが期待できます

ストレッチやエクササイズに振動を加えると、より運動効果アップが期待できます
 

▼ドクターエア「3D スーパーブレード PRO(実勢価格:5万9800円・税込)
https://www.dr-air.com/jp/ja/products/3d-super-blade-pro/
 

3. ながらケアでぽっこりお腹をスッキリ!

ウエストポーチのようにお腹に巻き付けるだけ。電極から出力するEMSがインナーマッスルまで刺激します

ウエストポーチのようにお腹に巻き付けるだけ。電極から出力するEMSがインナーマッスルまで刺激します


最後にご紹介するのが、ウエストに巻きつけるだけでEMSが筋肉を刺激してくれるアテックスのルルド「シェイプアップベルト」です。EMSは低周波、中周波、高周波が選べるので、表層から奥深くのインナーマッスルまで、幅広く刺激。振動、ヒーターも搭載しているので、使い終わると運動後のような爽快感が味わえます。

これが便利なのが、水やジェルパッドなどを使わなくていいところ。使いたいときにお腹に巻き付け、モードを選ぶだけで簡単にケアできます。コードレスなので、家事や仕事をしながら、無理なく続けられますよ。

▼アテックス・ルルド「シェイプアップベルト」(実勢価格:1万9800円・税込)
https://www.atex-net.co.jp/products/lourdes/kxl5400/kxl5400.html
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。