使い方もしっかりサポート!肌に優しいイオン導入&導出!

付属のかんたんガイドで使い方もわかりやすい

付属のかんたんガイドで使い方もわかりやすい

日立・保湿サポート器「ハダクリエCM-N800」を試してみました。肌への優しさを第一に考える、イオン導入・導出を試してみたい方にはオススメの機種です。

親切な取り扱い説明書付きで、使い方をひと目で確認できる「かんたんガイド」もついているので、使い方に困ることもありません。

 

4つの機能と役割

保湿サポート器 CM-N800

保湿サポート器 CM-N800

この商品でできるケアは「クレンジング」「ミクロパット」「モイストアップ」「リフレッシュ」の4つ。「クレンジング」はいわばイオン導出と考えて、「モイストアップ」はイオン導入のようなものと位置づけて良いでしょう。

残り2つの機能のうち「ミクロパット」は機械と電流の振動で刺激を与え、肌を活性化。肌が柔らかくなって、その後の「モイストアップ」がより効果的に行えます。「リフレッシュ」は、一秒に1回電極(プラス・マイナス)を切り替え、ストレスを受けている肌を沈静化します。

 


 

イオン導出で徹底クレンジング

リング跡が付いている部分が汚れでグレーに

リング跡が付いている部分が汚れでグレーに

ブーブーという定期的な振動を感じながら、肌の上をなぞるように機械を動かしていきます。イオン導出の楽しみは、いかにコットンに汚れが取れるか。

5分間のケアの後、リングからコットンを外すと……期待通り、肉眼で分かるほどグレーの汚れが付着。メイク落としは終わっている素肌なのにこんなに汚れているなんて! 複雑な気分です。
 

ミクロパットで肌を活性化

クレンジングに比べ、一回一回長く振動が続きます。85gと商品はかなり軽く小さいサイズ。そのため二番目のケアに入っても手が疲れる事はありません。説明書に記載がある眉頭から唇の下まで一気に動かすお手入れラインが効率的でした。 
 

イオン導入モイストアップでも、汚れが取れる!?

このケアで気になったのが、クレンジングと同じくらいコットンが汚れてしまった事。まだこんなに肌に汚れが残っているのはなぜ? と疑問に思いました。

お客様センターによれば、クレンジングでは取りきれなかったプラスの性質を持った汚れ(例:古い角質、顔ダニのフンや死骸など)は、マイナスの電気を帯びたモイストアップで取れることもあるそう。これでプラス・マイナス両方の性質の汚れが取れたかと思うと納得感が高まりました。
 

 リフレッシュ

ここまでの過程では一貫してビタミンC誘導体の化粧水を使っていましたが、初めて乳液が登場。商品は水洗いできないので、乳液でべとついた手を洗ってからお手入れ開始です。

「かんたんガイド」でいうウィークリーコース20分間を実施したことになりますが、手を洗ったり、商品のセッティングを入れると30分ぐらいは時間をみておいた方が良さそうです。
 

 まとめ

株式会社エビス Cエッセンス

株式会社エビス Cエッセンス

リフレッシュまで終えると、水分が充分に行き渡った、柔らかい肌になりました。やはり、通常通りに化粧水・乳液を使用するだけでは、この水々しさは得られないと思います。

イオン導入・導出では機種の良し悪しが全てではなく「どんな導入剤を使用するか」も重要なポイント。私は「リン酸パルチミン酸アスコルビル3Na」と成分表示がある、無香料・無着色のビタミンC導入材を使用しました。多少値は張りましたが、余分な成分を肌に導入するリスクを考えると妥当な選択ではないでしょうか。

「導入材にもこだわる!」これがイオン導入・導出系美顔器の合言葉です。その点、日立の保湿サポート器CM-N800は自分の好きな導入材と機種を組み合わせることができるのが、かなり嬉しい商品です。他社では、同メーカーの発売する専用導入材が指定されている場合も多いもの。実際、商品は肌に合っているのに、導入材に納得がいかずあきらめることも多いのです。日立のHPに「お1人おひとりのお肌に合うものをお使いいただくのが一番です」とある通り、自分で導入材の取捨選択ができるのは、効率的に肌ケアをする上で、非常に大切です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。