本格派の味 松の実チャーハン

所要時間:30分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物チャーハン

 

ザーサイ、干エビで本格派の味 松の実チャーハン

ザーサイ、干しエビ、干しシイタケで、普段のチャーハンに中華独特の旨みを加えれば、一気に本格派の味に変身する。さらに松の実を加えて、よりゴージャスで美味なチャーハンに仕上げた。 チャーハン作りは火力が命。家庭用コンロで火力を保ち、おいしいチャーハンを作るコツは『基本のチャーハン』の記事をご参照ください。

松の実チャーハンの材料(1人分

チャーハンの材料
ザーサイ 10g
干し海老 6g
干ししいたけ 1個
松の実 20g
大さじ1
1個
ねぎ 1/3本
ご飯 茶碗2杯程度
ブラックペッパー 少々
少々

松の実チャーハンの作り方・手順

準備

1:

干しエビと干しシイタケは水で戻し、みじん切りにする。ザーサイは程よい塩加減まで塩抜きし、やはりみじん切りに。長ネギもみじん切りにする。
松の実は一度空炒りして軽く焦げ目をつけておく。

卵は早めに冷蔵庫から出して常温に戻す。またご飯は手でほぐして電子レンジで温めておく。 炒めるときはスピードが問われるので、すべての材料は写真のようにそれぞれ小さなボールや小皿に入れる。

チャーハンの作り方

2:

割りほぐした卵を鍋に注ぎ入れ、すぐにご飯を入れて中華ヘラなどで手早くかき混ぜる。卵とご飯がだいたい均等に混ざったら、干しエビ、干しシイタケ、ザーサイを加え、さらによくかき混ぜる。

3:

さらに長ネギと松の実を加えて混ぜ合わせ、塩と黒コショウで調味する。 このときも鍋は一切あおったりしない。 火は最初から最後まで強火のまま。

ガイドのワンポイントアドバイス

炒め方は『基本のチャーハン』と同じ要領で行う。まず鉄製の中華鍋を強火にかけ、煙が出るまで空焼きし、そこに油を入れて全体になじませ、さらにカンカンに熱する。ガス火と鍋が少しでも離れると火力が落ちるので絶対に鍋をゆすったりあおったりしない。また、温度が下がらないよう、できれば一人分ずつ作る。それが無理でも同時に炒めるのは二人分までとし、絶対に三人分以上を一度に炒めない。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。