非課税所得とは

「副業ってどの程度なら会社や税務署にバレない?」「家計を助けるために副業を考えているが、税金面で損になるのはイヤ。どうすればいい?」という相談をよくいただきます。

どの程度の副業ならバレないかは、「確定申告する必要がない」ということが条件

どの程度の副業ならバレないかは、「確定申告する必要がない」ということが条件



どの程度の副業ならバレないかは、「確定申告する必要がない」ということが条件です。確定申告の必要がなければ、税務署や市区町村にそのような収入があることを報告する義務が最初からありません。このような所得のことを「非課税所得」といいます。

非課税所得は、儲けではあるが所得税がかからないもの

記事「税金にはどんな種類があるの?」でも説明したように、儲けにかかる税金が「所得税」、稼ぎにかかる税金についての取り決めが記してあるのが「所得税法」、所得税法にかかわるイベントが「確定申告」や「年末調整」です。

言い換えれば、非課税所得とは「所得税という税金がかからないもの」です。儲けにかかる税金が所得税ですので、所得税法において「儲け」と見なされているものを押さえることが、非課税所得を理解するためには必要です。

副業という所得区分はない

所得税法上の儲けとは、利子所得・配当所得・不動産所得・事業所得・給与所得・退職所得・山林所得・譲渡所得・一時所得・雑所得のいずれかの区分に属するものです。

ここでのポイントは、私たちが通常の会話でよく使用する「副業」という所得区分はないということです。「副業ってどの程度ならバレない?」という質問を受けたら、「そもそも、あなたの想定している副業って何ですか?」というところから、聞き返さなくてはいけないでしょう。

副業の内容によって所得区分も所得税のかかり方も異なる

一口に「副業」といっても様々な種類があり、その性質によって所得区分は異なります。

●ネットオークションやフリーマーケットで得た儲け

所得税法上は「雑所得」という所得区分となります。まれに、ネットオークションやフリーマーケットなどで生計をたてている人もいますが、そのような人は「事業所得」となります。

●アパートやマンションの経営で得た儲け

所得税法上では「不動産所得」となりますし、株の売買取引で得た儲けは「譲渡所得」、配当は「配当所得」となります。

●アルバイト等を掛け持ちした場合の収入
正社員で働いている人が、給料やボーナスの減額に対応するためアルバイトをというのであれば、そのアルバイト収入は「給与所得」となります。

自分の想定している副業が所得区分のいずれに該当するかを調べた上で、雑所得とは、不動産所得とは、譲渡所得とは……と各所得ごとの詳細を調べていったほうが、間違いや勘違いが少ないように思います。

副業の確定申告、しないとまずい? 非課税所得には他にどんなものがある?>>