税金 ガイド 田中 卓也

たなか たくや

税理士であるガイドが避けては通れない税金の問題について、専門用語もかみくだいてわかりやすく解説。

得意分野

起業・独立相談│経営計画の策定・サポート│税務相談│相続対策

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

みなさん、はじめまして。ガイドの田中と申します。「税金情報・確定申告」を盛りあげて行くべく頑張りますので、よろしくお願いいたします。日頃、なにかとむずかしく、わずらわしく、やっかいに感じられる税金ですが、皆様はいかがですか?あまりいいイメージをお持ちの人は少ないと思いますが、ちょっと考えてみましょう。毎月毎月のお給料からは源泉所得税といって、税金が取られています。食品や衣料品を買うときも消費税といって税金が取られています。お酒を買えば酒税が、ガソリンをいれればガソリン税が取られています。実は、稼いでも、使っても、残ってもいつの間にかしっかり税金は取られているのです。「むずかしく、わずらわしく、やっかいに感じられる税金」ですが、毎日の生活から切っても切り離せないモノ。それが税金です。そんな税金ですが一生活者の立場からわかりやすく解説できればと思っています。

メディア掲載実績

雑誌女性自身
税金かからないのはどっち!? 「給付金・保険」2択クイズ
2020年08月18日
新聞朝日新聞(東京)
被災や病気 税負担を軽く 確定申告 手続きのポイントは
2020年02月19日
新聞リビングひろしま
初心者のための「ふるさと納税」 やってみたい!でもどうやって?
2015年11月28日
雑誌LEE
知ってる人だけトクするお金の話
2015年10月07日
新聞産経新聞
記事「配偶者控除と配偶者特別控除」~解説~
2014年06月02日

ガイドの新着記事

  • 所得税はいくらから引かれる? 注意すべき月給はいくら?【動画で解説】

    所得税はいくらから引かれる? 注意すべき月給はいくら?【動画で解説】

    所得税はいくらから引かれるのでしょう? アルバイトやパートで得る「給与所得」は、年間103万円以下であれば所得税を払う必要がありませんが、1カ月の収入が8万8000円以上あると、税金が引かれて手取り額が少なくなってしまう場合があります。源泉徴収税額表をもとに所得税の仕組みや税金を取り戻す方法を解説します。

    掲載日:2021年04月30日税金
  • 退職金への課税額が上がる? 勤続年数が5年以下の人は増税になる?

    退職金への課税額が上がる? 勤続年数が5年以下の人は増税になる?

    今まで退職金にかかる税金の計算時には、最後に1/2を掛けることで税金を少なくできて、優遇されていたといえます。ところが、令和4年分の所得税から、勤続年数が5年以下で退職金をもらう場合「短期退職所得等」とされ、計算時に1/2にできる制度が廃止される場合があるという税制改正が行われます。

    掲載日:2021年04月25日税金