10年固定の金利はさらに下降したところも

10年固定は、ほぼ横ばいか、さらに0.05%程度の下降。2%以下のところが増え、超長期固定が上昇している中、魅力的な金利となっています。繰上返済を積極的に行っていこうと考えている場合などは、金利が固定されている10年間でかなり元金を減らすこともでき、金利上昇リスクを抑えることも可能となるため、魅力的な金利タイプの一つです。

また、2%以下の金利というのは、変動金利型を考えている人にとっても10年間金利を固定できるという点で、安心感があるのではないでしょうか?十分に活用できる金利タイプだと思います。

【関連記事】
「金利上昇!どちらが得?10年固定vs長期固定」

主な金融機関の今月の10年固定の金利を見てみましょう。

<主な金融機関の10年固定の金利>
10年固定
都銀等では、全期間?1.0%、?1.2 %というような全期間優遇タイプのものもありますが、ここでは、当初の優遇幅が大きく金利が低いものを中心に例を挙げています。


固定金利選択型の住宅ローンの場合、当初の金利はもちろんですが、当初固定期間終了後、店頭金利から何%優遇してくれるか、という点もとても重要な要件となります。この優遇幅が大きいか、小さいかは、当初固定金利期間終了後の残りの返済期間が長いほど影響が大きくなります。固定金利選択型の住宅ローンを比較する際は、この2つの金利(当初金利と将来の優遇幅)の両方を必ずチェックしましょう。

また、長期固定金利の場合と同様、保証料や事務手数料も考慮する必要があります。これらを加えた総支払額ではどのようになるでしょうか。

<借入額2,000万円、20 年返済の総支払額>
10年固定総支払額
11年目以降の店頭金利が4%だった場合。また保証料が必要な場合は、一律30万円として計算しています。


今月も金利面では、三菱UFJ信託銀行が、引き続き1.65%と低い金利となっています。ついで、みずほ銀行は1.85%、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、中央三井信託銀行、住信SBIネット銀行が1.95%と、2%を下回る金融機関が多くなっています。

さて、当初10年間の金利は高くても、11年目以降の優遇幅が大きいものの方が、総支払額では有利になることがあります。今月の金利で比較すると、このケース(2,000万円借入れ、20年返済)での総支払額は、金利1.95%の三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、中央三井信託銀行の方が、金利が低いみずほ銀行よりも総支払額は少なくなっています。総支払額は、必ずしも金利順とはならず、特に10年固定の比較は、とても複雑で難しくなっています。ご自身の返済期間にあわせてシミュレーションしてみてください。

【関連記事】
「頭金はなぜ重要なの?」(住宅ローン)

【過去の住宅ローンランキング】
『2009年2月』
『2009年1月』
『2008年12月』
『2008年11月』
『2008年10月』
『2008年9月』
『2008年8月』
『2008年7月』
『2008年6月』
『2008年5月』
『2008年4月』


【関連記事】
「7つの金利あなたはどれを選ぶ?」(住宅ローン)
「金利が動くワケ、教えます【1】」(住宅ローン)

【住宅ローン完全マニュアル】
住宅ローン完全マニュアル【基礎編】(住宅ローン)

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。