60歳定年で完済は夢?

住宅ローンの注意点

住宅ローンの注意点

住宅金融支援機構の調査によると、マイホーム購入者の年齢は大半が30代。平均年齢では40歳です。資金計画を考える際に、自分の年齢と住宅ローンが終わる年齢を想定して組むのは当たり前のことと思いますが、40歳で購入する人は、はたして何年返済を選択しているのでしょうか。

住宅ローンは長期で組んで、定年退職までに繰り上げ返済でローンは完済させておく、退職金は老後資金としてキープする。こう考える人は多いと思います。確かに、これが理想なのは理解できますが、予定通りにいかないのも人生です。

たとえば、子どもの教育資金などがかさんでしまった、住宅を取得してから第2子、第3子が授かった、妻も住宅ローンを組んで、夫婦それぞれが住宅ローンを返済していくつもりが、妻が育児のために退職することになった、夫の収入が思うように伸びなかった、などなど予定外のことが起きて、繰り上げ返済ができずに、定年退職時に住宅ローンが残ってしまうのは考えられることです。また、退職金制度そのものも、今後どうなるかわかりません。

住宅ローンは、人生の大半を費やして返していくものです。その間に何が起こるかは誰にもわからないのです。

安易に35年返済を選んでしまうのには、理由があります。それは、長期で借りた方が、同じ金額を借りたとしても、毎月の返済額が少なくてすむからです。

たとえば、借入金額3000万円、金利1.5%で試算した場合の毎月返済額は……

●35年返済 9万1855円(総返済額3858万円)
●30年返済 10万3536円(総返済額3728万円)
●25年返済 11万9980円(総返済額3600万円)
●20年返済 14万4763円(総返済額3475万円)

同じ条件でも35年返済の毎月返済額が一番少ないのです。その分、総返済額は35年返済が最も多くなり、20年返済との差は、383万円になる計算です。もちろん毎月15万円近い返済額が無理でなければ、20年返済を選びたいところですが、10万円が限界、となると自ずと35年返済を選ばざるを得ません。

本来は、借入額を下げて物件を選び直すことがセオリーです。実力以上の買い物をしようとすると、どこかでひずみが生じるのです。この場合は、老後資金や年金で住宅ローンを払い続けるという苦労を人生の後半で味わうことになるかもしれない、ということです。

短く借りて、返済が困難になったら、期間延長を検討

35年返済を選択した場合のリスクは、定年後に住宅ローンが残る可能性が高まることだけではありません。収入が減少して返済が困難になった場合、返済期間の延長が難しくなるのです。通常、借入時には完済時は70歳未満、80歳未満などの条件があります。フラット35では80歳未満としています。

仮に借入時の年齢が40歳で30年返済を選択したとしたら、万一返済が困難になった場合、5年は延長できることになります。延長した分、毎月の返済額を減額するわけですが、ただでさえ完済時の年齢が70歳だったものが75歳に延長できても、老後の年金から支払っていくには、無理があります。また、民間金融機関では完済時年齢を70歳未満とするところも多く、40歳で30年返済を選択していたら、そもそも返済延長ができないという事態も考えられます。

こうしたリスクを防ぐには、できれば最初から短い返済期間を選択するようにしたいものです。35歳で25年返済だと、完済時は60歳。仮に返済困難になったら、5年延長して、65歳までは再雇用で働くという選択もできるわけです。

期間延長後、子どもが独立して家計に余裕ができたなど、家計が改善した場合は、期間短縮をすることもできます。ただし、条件変更の手数料がかかる場合があるので、実際に、返済困難に直面しそうになったら、借入先の金融機関に一刻も早く相談することです。

住宅購入時は、子どもが小学校に上がる前に購入したい、というように、直前のライフイベントは意識しますが、5年後、10年後に家族はどういう状況にあるのかまで、思いが及びません。ましてや35年後のことなど、家族がどうなっているのか、世の中の状況がどうなっているのか、予測すらできないでしょう。

だからこそ、予測可能なことについては、あらかじめリスクを排除して考えておくべきです。「長く借りて、毎月の返済負担を少なくする分、繰り上げ返済を毎年していく」。こうした意気込みだけではなく、長期の家計収支と家族のライフイベントを照らし合わせて返済計画を立てるようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。