最初に貯めた100万円の預け先は安全性が第一!

毎月8万3000円を積み立てできれば、1年で100万円貯めることができます。でも毎月、そんなに貯蓄できる人は、そう多くはないでしょう。2年、3年かけてようやく貯まった100万円。最初の目標がクリアできれば、あとは継続していくことが大事です。
 
100万円の預け先

100万円の預け先



ただ、目標を達成してしまうと、つい気持ちが緩んで、大きな買い物をしたり、旅行に使ってしまったりと、せっかくの100万円を取り崩してしまう人も少なくありません。お金が貯まらない人の典型的なパターンです。これを食い止めるには、これまで積み立てなどで使っていた口座から切り離して、簡単に引き出せないようにしてしまうのも一つの方法です。

勤務先の社内預金や財形貯蓄制度は、銀行のATMから引き出すようにお金をおろすことはできないので、こうした勤務先の貯蓄制度を使っている場合は、そのまま継続しておいていいでしょう。問題は、給与振込口座のある銀行で、自動積立定期預金などで100万円に達したケース。

銀行によっては、1年ごとに「おまとめ」といって、積み立てたお金を1本の定期預金にしてくれるサービスがあります。しかし同じ銀行に預けているのには変わりはありません。総合口座扱いになっていると、普通預金残高が不足した場合でも、定期預金を担保に自動貸越でお金を引き出すことができてしまいます。これは借金しているのと同じで、定期預金で得られる利息以上の金利を支払うことになります(お金を貯めたいなら、普通預金のワナに注意)。

こうしたことを防ぐためにも、できれば別の銀行に預け替えることは有効です。さらにその際に、金利の高いマネー商品に預け替えができれば、ほったらかしにしているよりも、確実にお金を増やすことができるのです。

ただし、この100万円がはじめて貯めた100万円であれば、安全性が第一なので、「金利の高い定期預金」が第一の候補になります。くれぐれも、リスクのあるものに預け替えないようにしましょう。
 

金利の高い定期預金って何?

お金の貯めはじめは、金利を意識せず、毎月確実に貯蓄することが大切です。しかしだからといって、金利はすべて同じではないことも知っておきましょう。

今、一般的な銀行の普通預金金利は0.001%。1年ものの定期預金(自動積立定期預金も同じ)は0.01%です。これが当たり前で、どこも同じと思っていたら、大間違いです。今や預け先によって、金利は10~20倍近く違うのです。代表的な預け先を紹介しましょう。
 

ネット銀行

【特徴】
一般的な銀行のように店舗を持たないため、コストを抑えられ、その分、金利を高めに設定している。定期預金だけではなく、普通預金の金利も総じて高いので、普段使いとしても利用価値が高い。通帳は基本的にはなく、WEB上で管理をする。口座開設はネットから申し込みが可能。

【取扱商品】
普通預金、定期預金のほか、外貨預金や投資信託、住宅ローンの取り扱いもある

【金利】
普通預金:0.02%(オリックス銀行、楽天銀行)
定期預金(1年):0.15%(オリックス銀行)

【代表的なネット銀行】
オリックス銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、大和ネクスト銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、セブン銀行、じぶん銀行など
 

地銀のネット支店

【特徴】
本来地方銀行は、その営業エリア内に居住している、もしくは勤務先があるなど、口座開設に制約があるが、ネット支店は全国どこからでも口座開設が可能。ネット支店に限り、金利を高めに設定しています。通帳は基本的にはなく、WEB上で管理をする。地銀ごとに特色のある定期預金があり、預入金額を10万円からとするところや100万円限定とするところもあります。

【取扱商品】
普通預金、定期預金。外貨預金や投資信託、住宅ローンも取り扱うが、地域外であれば、定期預金のみと割り切って使うのがベター

【金利】
定期預金(1年):0.28%(香川銀行セルフうどん支店 超金利トッピング定期預金)

【代表的な地銀ネット支店】
香川銀行セルフうどん支店、愛媛銀行四国八十八カ所支店、トマト銀行ももたろう支店、高知銀行よさこいおきゃく支店など
 

地元の信用金庫

【特徴】
地方銀行よりもさらに営業エリアが限定的。地元密着で地域の中小企業や個人を支える協同組織の金融機関。集金に来てくれる定期積金など独自のサービスがあります。営業エリアに居住または勤務先がある人のみ口座開設が可能。人気の「懸賞金付き定期預金」は、東京の城南信用金庫が初めて取り扱いをするなど、アイデアフルな商品をそろえているのも特徴。

その城南信用金庫では「節電プレミアム預金」として1世帯100万円まで、年1.0%の預金を扱っています。また、信用金庫では珍しいインターネット支店がある「しずおか信用金庫」では、2018年10月5日までのキャンペーンで「プレミアム定期」年0.30%を取り扱い中。地元の信用金庫でキャンペーンなどを確認するとともに、ネット支店であれば、全国どこからでも口座開設が可能なので、一考の余地ありです。

【取扱商品】
普通預金、定期預金、定期積金、住宅ローンやマイカーローンなど各種ローン
※懸賞金付き定期預金、宝くじ付き定期預金、子育て支援定期預金など、「お楽しみ定期」が豊富

【金利】
普通預金:0.001%など
定期預金(1年):0.01%~1.0%など
※城南信用金庫の「節電プレミアム預金」は省電力・省エネルギーに関する10万円以上の設備投資を行うことが条件
 

金利が高い定期預金に預けるときの注意点

いずれも一般的な都市銀行の定期預金と仕組みは同じです。万が一、金融機関が破たんしても元本1000万円までとその利息は保護されます。常に使っている銀行と比べて、金利の高さは明らかです。

それでも預け替えをしないのは、ひとえに手続きが面倒くさい、ということだけでしょう。しかし、一度口座を開けば、ネット銀行なら提携のATMも多く、利便性を気にすることはまったくありません。また、地銀のネット支店も、コンビニATMをはじめ、使えるATMは意外と多いのです。地元の信用金庫は、地元でしか口座開設できませんが、その分、顔の見えるサービスを受けることができます。さらに、懸賞金付き定期、宝くじ付き定期、地元特産品付き定期など多様な定期預金を扱っています。

まずは、こうした金融機関の定期預金を利用するところから、はじめてみましょう。一度やってしまえば、次の100万円はどこに預けようかと考えるのも楽しくなってくるでしょう。

ただし、注意点としては、なかには期間限定の定期預金があるということです。通常、定期預金は預入期間が最高10年などと長期に設定することもでき、1年と短い期間の設定でも満期が来たら、そのまま継続することも可能です(金利はその時点の新しい金利になる)。しかし、ネット銀行や地銀のネット支店の場合、1年のみと預入期間が限定されるところもあります。その場合、満期が来ると普通預金口座に移し替えられて、店頭金利が適用されることもあります。

せっかく金利が高いからと預けても、満期後の取り扱いに注意しないと、ほったらかしということになりかねません。最初の100万円。大事に育てるためにも、十分メリット、デメリットを理解して使うようにしましょう。
 

定期預金以外で100万円を預けるなら、高金利の普通預金も

100万円の預け先として、定期預金はセオリーですが、現在、定期預金と普通預金の逆転現象も起きています。何がなんでも、定期預金に預けるのではなく、せっかく貯まった100万円をいつもの口座から移し替えることが重要なので、高金利の普通預金に預けることも選択肢になります。

2018年9月7日現在、高金利の普通預金は以下の2行です。
 

楽天銀行

楽天銀行の普通預金金利は、0.02%。これでも一般の銀行の20倍です。さらに、楽天証券の口座を持ち、連携サービスである「マネーブリッジ」に申し込めば、普通預金金利が0.1%と、実に100倍の金利になるのです。現在、楽天銀行の定期預金金利(1年)は、0.03%ですから、定期預金よりも普通預金のほうが、金利が高いということです。あえて定期預金にせず、普通預金のままで十分なのです。
 

イオン銀行

イオン銀行の普通預金金利は0.001%。一般の銀行と同じです。しかし、キャッシュカードとクレジットカードがセットになった「イオンカードセレクト」の保有者は、普通預金金利が最大で0.12%と、一般の銀行の120倍になるのです。イオン銀行の定期預金金利(1年)は0.05%ですから、やはり、定期預金ではなく、あえて普通預金でいいのです。

金利120倍!定期預金は使わない!普通預金の新常識より(筆者執筆記事)
 

金利上昇に強い「個人向け国債 変動10」も、一般の定期預金より有利

このところの低金利で、個人向け国債は、最低の基準金利で推移し、預け替える先としては、あまり魅力がありませんでした。先ごろ、日銀の金利上昇の容認発言によって、即座に反応したのが、「個人向け国債 変動10」です。

これまで、最低の基準金利である0.05%から、現在募集中の第102回債では0.07%と金利が上がりました(2018年9月28日までの募集)

個人向け国債のうち、「変動10」は、半年ごとに適用金利が見直されるため、今後、金利が上昇するとしたら、それに合わせて有利に運用することができます(固定3、固定5は購入時時点の金利が適用されるので、金利上昇局面には不向き)。

満期は10年ですが、購入後1年たてば、中途換金が可能なので、使うときがきたら解約するのも自由です。解約時に直近2回分の利子相当額×0.79685が差し引かれますが、元本割れはなく、国が保証するので、もっとも安心な預け先と言えるでしょう。銀行、証券会社の多くが取り扱いをしていますが、金融機関によっては口座管理料がかかる場合がありますので、預ける場合は、金融機関選びに注意が必要です。

100万円貯まったら、ぜひ口座を移し替えて、確実に貯蓄として確保し、次の100万円を目指して頑張ってください。


【関連記事をチェック】
1年間で100万円貯める方法、そのコツを総ざらい

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。