超長期以外はほぼ横ばい(2009年3月)

イラスト
新規購入の人も、借換えを検討している人も気になる今月の金利の動向は?
今月の金利は、20年以下については、一部金融機関で0.05%程度下降しているものもありましたが、ほぼ、先月からは横ばいとなりました。先月もお伝えしましたが、メガバンクを中心に35年などの超長期は0.2~0.3%とさらに上昇。三菱東京UFJ銀行では、今月をもって31年以上の超長期固定金利型は取扱いを終了する予定です。

超長期固定の扱いについては、金融機関でかなりの差が出てきています。3%以下の低金利で提供している金融機関が少なくなり、超長期で借入れを希望する場合には、一部の金融機関か、フラット35の利用に集約されてきています。

実際にご相談にみえる方の中では、超長期の金利が高くなり、20年固定を利用する人も増えてきています。最近は、変動金利型で借入れする人の割合が急増し、金融機関も変動金利での優遇に力を入れているようです。

これだけ低い金利であれば、変動金利型に人気が集中していることもうなずけます。しかし、将来的に固定へ切り替えたいと考えている人は注意すべき点も。全期間固定金利に切り替えすることは難しいので、低金利だからこそ固定金利を利用するという原理原則も見直し、将来のこともよく考えた上で選択しましょう。

【関連記事】
変動金利型の金融機関えらび
変動から固定への切り替えタイミングは?


<INDEX>
主な金融機関の長期固定金利(30年返済)
3ページ 新規購入組は、「フラット35」も要チェック
4ページ 主な金融機関の10年固定は?


【関連記事】
変動と固定の安易な組み合わせは失敗の元!
金利上昇!でもまだ「低金利」といえるワケ
備えあれば憂いなし!住宅ローン金利5%が来る!?

主な金融機関の長期固定金利、総支払額の比較は次のページで。