賃貸したときの法律と借家人賠償責任保険とは?

賃貸したときの法律と借家人賠償責任保険とは?

借家人賠償責任保険(借家人賠償責任補償)は賃貸向けの火災保険の補償です。家や部屋を賃貸するときに火災保険にセットで付帯して加入した経験のある方も多いと思います。

そもそも賃貸の場合、自分の家財を中心に火災保険をつけるのだから、加入しようがしまいが自分の勝手なのでは、という素朴な疑問を持った人もいるでしょう。

実はこれには理由があって、自分が賃貸している部屋や家で失火した場合の法律上の賠償責任が関係しています。今回は、これらの疑問の解説と大家さんと賃貸借契約を結ぶにあたり忘れてはならない借家人賠償責任保険(借家人賠償責任補償)についてお話しましょう。

なお、火災保険の改定に伴い、この特約の名称を変更している保険会社があります。借家人賠償責任保険特約、借家人賠償責任補償特約など言い回しが保険会社によって異なりますので、この点は考慮して記事を読み進めてください。

借家人賠償責任保険(借家人賠償責任補償)と賃貸した場合の法律関係

それでは基本事項から確認していきましょう。賃貸・持ち家を問わず、自分が火元になって火災が発生して隣家に類焼した場合、法律上の責任関係はどうなっているのでしょうか。

故意や過失により他人に迷惑をかけた場合(不法行為)には、民法709条に基づき損害賠償をしなければなりません。しかし火災で類焼させた場合には、失火責任法(失火法)の規定により賠償責任を問われません(ただし火元になった人に重過失があった場合を除く)。

また賃借人が失火などにより借りている部屋や家を家主に返せなくなった場合、民法415条の規定により、家主に対して債務不履行責任が発生します。

本来、家主との賃貸借契約により、契約期間満了後は借りている部屋や家を元に戻して返すことになっています。家主から借りている部屋(債務)を返すことができないため(不履行)、民法709条の不法行為とは別の責任(民法415条、債務不履行責任)が発生するわけです。

なぜ借家人賠償責任保険(借家人賠償責任補償)に加入するの?

極端な話、賃借人の家財が燃えてなくなろうが、家主も不動産屋も困るわけではありません。そういう意味では、保険に加入するかしないかはその人の勝手です。

ただし、失火の場合には大家さんに対して責任が発生しますから、借りている部屋を火事で燃やしてしまったら元通りにしてもらわないと困る、というわけです。

それに対処するための保険が、借家人賠償責任保険(借家人賠償責任補償)です。必ずしも強制されるわけではありませんが、所有者の側からすると何かあったときに責任は取ってもらわないと困るから、賃貸借契約に合わせて借家人賠償責任保険(借家人賠償責任補償)に加入することがあるわけです。

実際にはこの保険は単独契約するものではなく、特約付帯が一般的ですから、火災保険にセットして加入します。そのため、賃貸借契約を結ぶ際、借家人賠償責任保険特約がセットされた火災保険の加入を勧められるわけです。

なかには、賃貸借契約に火災保険の契約を条件にしているケースもありますので、賃貸借契約を結ぶ際に確認するようにしましょう。

次のページでは、借家人賠償責任保険(借家人賠償責任補償)の内容と個人賠償責任保険との違いを解説します。