10分漬け込むだけ! 中華風豚の生姜焼き丼

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかずしょうが焼き

 

10分漬け込むだけ! 中華風豚の生姜焼き丼

豚肉は夏バテ予防に効くビタミンが豊富な優秀食材。そんな豚肉を使った料理のひとつ、「生姜焼き」は家庭料理の定番です。生姜焼きは大好きなおかずのひとつだという人も多いはず。今回はいつもの生姜焼きにプラスアルファの味付けを。オイスターソースとごま油でこってり感たっぷりの中華風に仕上げました。ごはんが進みますよ。

オイスターソース、ごま油で下味をつけて焼いた生姜焼きとこんがり焼いた野菜をごはんの上に、どーんとのせた「どんぶり弁当」です。 お弁当箱の高さより若干少なめにご飯を平らに盛り、一口サイズに切った豚の生姜焼きと野菜を盛り付けます。お口直しに、お好みで生姜の甘酢漬けを添えてください。 オイスターソース、ごま油で下味をつけて焼いた生姜焼きとこんがり焼いた野菜をごはんの上に、どーんとのせた「どんぶり弁当」です。 お弁当箱の高さより若干少なめにご飯を平らに盛り、一口サイズに切った豚の生姜焼きと野菜を盛り付けます。お口直しに、お好みで生姜の甘酢漬けを添えてください。

中華風豚の生姜焼き丼の材料(1人分

中華風豚の生姜焼き丼の材料
豚ロース肉 生姜焼き用4枚
ねぎ 30g
ししとう 4本
パプリカ (赤) 40g
生姜 1かけ
ニンニク 1かけ
サラダ油 大さじ1/2
調味液
醤油 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
ごま油 大さじ1
大さじ1/2
みりん 小さじ1/2
豆板醤 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2

中華風豚の生姜焼き丼の作り方・手順

中華風豚の生姜焼き丼の作り方

1:

豚肉の筋を切る

2:

生姜、にんにくをすりおろす

3:

バットに2の薬味、調味液を混ぜ合わせ、豚肉を10分ほど漬け込む

4:

長ネギを3センチ幅で切る

5:

ししとうのヘタを少し残して切る

6:

赤パプリカを乱切りにする

7:

フライパンに油をひき、中火で野菜を焼く

8:

焼き目がついたら、野菜をバットに移し、豚肉を焼く

9:

豚肉が両面焼けたら野菜とタレを加え全体にからめる

10:

豚肉を食べやすく切る

手順と所要時間:全体で20分

11:調理スタート  

↓ ごはんを盛る (生姜焼き丼)1分
↓ 豚肉に下味をつける (生姜焼き丼)5分
↓ 野菜を切る(生姜焼き丼)15分
↓ 野菜と豚肉を炒める (生姜焼き丼)
完成

ガイドのワンポイントアドバイス

豚肉に下味をつけているお手隙な間に、野菜を切って炒めておくと調理時間が節約されます。豚肉は筋切りをして焼くと、反り返りが少なくなるので、ぜひお試しを。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。