メリッサ(レモンバーム)

(Melissa officinalis)
シソ科の草本
花と葉を水蒸気蒸留にて採油

「メリッサ」とはギリシャ語でミツバチの意味。このハーブをミツバチが好むことからこのような名前で呼ばれます。レモンの香りがするハーブのため、レモンバームという愛称も。ハーブティやポプリではお馴染みのハーブ。


メリッサ(レモンバーム)のアロマ効果

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/2/0/0606a.jpg
よく見るハーブなのにエッセンシャルオイルとなるとかなり高価で貴重なものになります。
メリッサはまずは、ストレスケアに使いたい香り。
メリッサは心を明るくして、前向きな感情を与えてくれる香りです。何かショックなことがあったときや、わけもなく落ち込むときには、メリッサで芳香浴をしてみましょう。また、荒れた肌などにも効果的なため、アロマローションを作って、日々のスキンケアに用いれば、知らず知らずのうちに、感情のケアもできます。

そのほか、身体には消化器系の不調にも良く、消化不良や下痢に効果が期待できます。そんなときには、アロマバスで使ってみましょう。


メリッサの香りはレモンとハーブをミックスしたような香り。でもレモンほど軽くはありません。レモングラスに似ています。


■ 注意
もともとのハーブから、ごくわずかしかエッセンシャルオイルが採れません。そのため非常に高価であることが一般的なため、あまり安価なものはオススメできません。メーカーによっても違いますが、2~3mlで10.000円前後します。


■ ガイドからひとこと提案
意外に強く香ります。濃度は低めでOKです!


参考文献
『84の精油』ワンダー・セラー著 高山林太郎訳(フレグランスジャーナル社)




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。