鍋を使った簡単な温泉卵の作り方

温泉卵の作り方

温泉卵の作り方

 卵を60~70℃のお湯に入れて、温度を持続させておけば、生卵は簡単に温泉玉子になる!では、それを踏まえて、完全なる温泉卵作りを始めましょう。
 

温泉卵の作り方……お鍋で作るときに用意するもの(材料)

・蓋付きホーロー鍋(厚い鍋)....小さめの鍋
・熱湯1000cc.....卵がすっぽりかぶる水量
・冷水200cc
・卵
 

温泉卵の作り方・レシピ

湯が沸騰したら火を止めて、水(冬の水道水を使用)を入れ、卵を投入、蓋をする。


熱湯1000ccに、水200cc入れた場合
10分後


見た目は完璧!温泉卵。が、黄身はとろリ。もう少し固めたい。

20分後


今度は白身が固まりすぎ。15分位が適当か....

熱湯1000ccに、100cc入れた場合では
13分後


湯の温度が高いので、殻に白身がくっついてる

16分後


上と同様に、見離れがイマイチ

20分後


これ位時間が経過すると、上の200cc入れた場合と大差はない
 

温泉卵の作り方 まとめ

1000ccの沸騰したお湯に、200ccの冷水を加えて10~15分間放置したものが、一番温泉卵らしい出来でした。湯は、卵がすっぽり浸る量であれば、少なくてもかまいません、その際は 加える水の量も減らしてください。

番外編:ボールを使って
ボールに熱湯を入れ、水で薄め、卵を入れてラップして、タオルで包み、20分間放置で出来あがり!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。