野菜の切り方
     
1. 輪切り
大根など円筒形(丸い棒状)の素材を、そのまま巾狭く切っていくと輪切り、巾広く切ったものを筒切りという。
2. 半月切り
円形のものを真半分に切ったのを半月切り。切り方は、筒切りにしてから縦半分にし、端から切っていく。
3. いちょう切り
半月切りの半分。円筒形の物を、縦四つ割りにし、端から一定の厚さに切る。いちょうの葉に似てるところからいちょう切りという。
4. 地紙切り
いちょう切りの先端部分(とんがってる部分)を切り落としたもので、扇に貼る地紙に似ているので地紙(じがみ)切りという。地紙筍などがある。
5. 小口切り
長ネギやきゅうりのような細い材料を、端から筋に直角に同じ幅に切ることで、厚さは用途によって変える。切り口が木を切った時の木目に似ているので「木口切り」とも書く。フランス料理Emince(エマンセ)
6. 斜め切り
円柱状のものを、端から等間隔に斜めに切っていく切り方。長細い長ネギ、牛蒡、きゅうりや、茄子やさつま芋を天ぷらにする場合にもよく使われる。
7. 乱切り
形の不ぞろいな材料を、まわしながら切っていき、大きさを揃えたもの。牛蒡や人参を、煮物や具沢山のお汁にする時等に用いられる。
8.ぶつ切り
長ネギのような細いものを端から適当に切るときや、肉や魚を、形にこだわらずコロコロに切ることを、ぶつ切りにするという。
9. ザク切り
主に野菜をミキサー等に入れてジュースにするときや、野菜炒めにするときにザクザク切るからザク切り。
10. せん切り
線のように細く切ったもの。フランス料理ではJulienne(ジュリエンヌ)、中華は絲(スウー)
11. 千六本
せん切りより太めの、マッチの軸程(2mm)に切ることで、大根を味噌汁の具にする時によく使われる。他にきんぴらなど。
12. 拍子木切り
大根を例にすると、最初に3~5cmの輪切り(筒切り)にし、0.7~1cm幅に切り(厚い短冊形)、さらに縦に棒状に切り、拍子木のような形にする。フライドポテトもこの切り方。
13. 短冊切り
短冊のように長方形に切ることで、繊維に沿って厚さ2ミリくらいに薄く切る。ウド、大根、人参等に用いられ、和え物、サラダ、炒め物等に適している。
14.色紙切り
色紙のように正方形に薄く切ったもの。短冊切りが長方形でこちらは正方形。
15. さいの目切り
サイコロ状に切ったもので、拍子木切りの端を揃えてさらに1cm巾に切る。1.5~3cm位のものを角切り、それ以下は「あられ切り」、もっと小さいのが「みじん切り」になる。又、数倍の大きさのものをやっこ(奴)という。
16. あられ切り
さいの目切りの小さいバージョン。もっと細かく刻むとみじん切りになる。
17. みじん切り
一度せん切りにして端から細かく刻む。餃子の具などを切るときに使われる切り方。玉ネギの場合は、縦半分に切り、縦横に切り込みを入れて刻む。2~3mmと大きいものは粗みじんと呼ばれ、薬味やソースなどに使われる。
18.面とり
切った野菜の角を薄くそぎ取ることをいい、大根、人参、かぼちゃ、じゃが芋などを主に煮物用として用いるときにほどこす。
19. くし切り
トマトや玉ネギ、ナスなど丸い素材のヘタを落とし、放射状に切る。
20. 針切り
煮物などの天盛りにされる針生姜や針柚子などの切り方。薄くスライスし、ずらして重ね、針のように細く切る。
21. 白髪ネギ
ネギを長さ5~6cmに切り、縦に中心まで切り目を入れ、開き、芯をのぞき、繊維に沿ってせん切りにし、水に放ち、パリッとさせる。
22. ささがき
牛蒡の場合、細い方から鉛筆を削るように包丁でそいでいき、太くなったら縦に数本切り込みを入れてそぐ。
23. シャトー切り
フランス料理の切り方で、じゃが芋や人参に用いられることが多い。面取りの一種で煮崩れを防ぐ。シチューやグラッセに向く。
24. 八方むき
栗、芽つきくわい、里芋などの皮をむくときに用いられる飾り剥き。栗は四方を剥くのだけれど、八方という。
25. 薄切り
よく使われる切り方で、ごく薄くスライスすることをいう。
26.大根の桂むき
大根を10cm程に切り、皮を剥く要領で、薄く長くぐるぐる剥いていったもの、それを繊維に直角にせん切りにしたものが刺身のけん(ツマ)。桂むき⇒フランスRuban(リュバン)

◆◆次のぺージは「飾り切り」と「あしらい」